意外!腸を汚す「みそ汁」の食べ方、残念すぎる4NG

腸にいい「みそ汁」でも、それでは効果が激減

大切なのは「アダムスキー式腸活法」の基本、「食べ物の組み合わせ」です。

「みそ汁」は消化管をゆっくり通過する「スローの食品」

そもそも「アダムスキー式腸活法」というのは、食品を「下りてくるのが速い食品(ファスト)」と「下りてくるのが遅い食品(スロー)」に分け、この2種類を同時に摂取しないことで「腸の詰まりを防ぐ」腸活法です。

みそは「消化管をゆっくり通過する『スローの食品』」です。ほかに「肉」や「魚」「米」、多くの「野菜」といった食材がこのカテゴリーに含まれます。

一方で、「通過の速い『ファストの食品』」には、「トマト」や「パプリカ」といった一部の野菜、「果物」全般、「ヨーグルト」や「はちみつ」が含まれます。

したがって、「みそ汁(スロー)」を食べるときには、次のような「ファストの食材」との組み合わせを避ける必要があると「アダムスキー腸活法」では考えます。

【組み合わせNG①】みそ汁に「カボチャ」を入れる
カボチャのみそ汁(写真:shizuku/PIXTA)

みそ汁に入れがちな「ファストの食品の具材」、その代表的なものは「カボチャ」です。

ほかには「トマト」「パプリカ」「ピーマン」「ししとう」などもファストの野菜なのですが、みそ汁に入れることはあまりないので、具を選ぶときに気にする必要はないと思います。

ほかの野菜は、ほとんどが「スローの食品」もしくは「ニュートラル(ファストともスローとも組み合わせられる食品)」ですので、安心してみそ汁の具にして構いません。

ちなみに、だしとなる「昆布」「かつお節」「煮干し」も、「スローの食品」です。また、定番の具の「豆腐」「お麩」「油揚げ」「あさりなどの魚介」や、豚汁に入れる「肉」「こんにゃく」も「スローの食品」なので、みそ汁に入れてOKです。

次ページ「ピリ辛」もおいしいけど…
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT