ペッパーの強敵?499ドルのジーボの実力

<動画>MIT生まれのロボットが2015年にデビュー

これが、ジーボ君。2015年デビューで499ドルか599ドルの予定だ。

ジーボ(Jibo)の小さなサイズを侮るなかれ。この小さな男性ロボットは一人前の人格を持っている。

まずは世界最初の家庭用ロボットである「ジーボ」に会ってみよう。 この小さな人間の友人は、MITメディアラボのシンシア・ブレアゼル准教授が作り出した。

まるで生きているような感じ

ジーボの創業者兼CEOでもあるブレッゼル氏は言う。

「ジーボとの付き合いは、物との付き合ういいうより、むしろ人と付き合っているようなもの。ロボットであるジーボは、あなたを追い掛けて見続けるカメラを装備しており、まるで生きているかのようにあなたとやり取りします。まったく新しいやり方で、生活に必要なコンテンツを画面上に表示してくれます」

歌うことに加え、 Jibo は就寝時のお話、医者の予約の時間のお知らせや、家族写真の撮影などのさまざまなことができる。また、表面にあるタッチセンサーにより、さまざまな信号を認識できる。

「MITでの膨大な研究により分かってきたことは、何か身体的および社会的に存在するものがある時、人はしばしばタッチによってコミュニケーションを取ろうとする、ということ。ジーボが気に入ったことをすると、軽くたたいたりします。そしてジーボは、実際にこのことから学習するのです。私は、この機能をもっと活用したい。何故なら、それで人を幸せにできるから。タッチは、ロボットにとってコミュニケーションになるだけでなく、受け取った報酬、というシグナルになるのです」

次ページ時間の経過につれて賢くなる
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。