ペッパーの強敵?499ドルのジーボの実力

<動画>MIT生まれのロボットが2015年にデビュー

ブレアゼル氏は、時間の経過につれてロボットはより賢くなるという。オープン・ソース設計のおかげで機能は増えていくのだ。ジーボの所有者は、自分のロボットのために新しい課題をプログラミングして、そのプログラムをアプリネットワーク上で販売することもできる。

機能は拡張していく

「究極的にはプラットフォームとして、このロボットに身体的な機能を追加することも考えられます。ホーム・オートメーションにも接続できるし、健康デバイスに接続して個人的なコーチとして機能させることも考えられます。時間の経過に伴って、プラットフォームのできることは増えていきます」

2015年発売予定のジーボの価格は499ドルか599ドル。 ブレアゼル氏のチームはジーボをきちんとチューニングし、華々しいデビューの日を迎えることを目指す。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT