【産業天気図・外食】外食支出は依然厳しく、低価格戦略で業績低調。景況感は「曇り」続く

予想天気
10年4月~9月 10年10月~11年3月

外食業界の2010年4月~11年3月は、終始「雲り」で足踏みしそうだ。牛丼や居酒屋などで低価格競争が激化。店舗数の過剰もあり、価格消耗戦は当面収まりそうにない。一方で、高級感を打ち出した店舗戦略も一部で登場、価格戦争の一服にも期待が出ている。

厚生労働省の4月分毎月勤労統計調査(速報値、事業所規模5人以上)によると、一人当たりの平均現金給与総額は、前年同月比1.5%増の27万5985円だった。前年を上回ったのは2カ月連続だ。

一方、総務省の同月分家計調査報告(速報値、2人以上の世帯)では、外食を含んだ食料項目の支出は、実質ベースで5カ月ぶりに前年同月比マイナスに転じている。消費者の消費意欲は、外食への支出を増やすほどには回復していない状況。日本フードサービス協会によると、4月の全店売上高は前年同月比0.5%減。客数は同2.9%増だったものの、客単価が同3.2%減り全体を目減りさせている。

厳しい環境に対し、値下げで消費刺激を図る企業は少なくない。代表例が牛丼。大手3社の牛丼並盛り価格は、09年12月以降値下げしたゼンショー<7550>の「すき家」が280円、松屋フーズ<9887>の「松屋」が320円。一方、価格を据え置いた吉野家ホールディングス<9861>の「吉野家」は380円。相対的高値が前年対比の既存店売上高に打撃を与えている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT