【産業天気図・外食】外食支出は依然厳しく、低価格戦略で業績低調。景況感は「曇り」続く

予想天気
10年4月~9月 10年10月~11年3月

外食業界の2010年4月~11年3月は、終始「雲り」で足踏みしそうだ。牛丼や居酒屋などで低価格競争が激化。店舗数の過剰もあり、価格消耗戦は当面収まりそうにない。一方で、高級感を打ち出した店舗戦略も一部で登場、価格戦争の一服にも期待が出ている。

厚生労働省の4月分毎月勤労統計調査(速報値、事業所規模5人以上)によると、一人当たりの平均現金給与総額は、前年同月比1.5%増の27万5985円だった。前年を上回ったのは2カ月連続だ。

一方、総務省の同月分家計調査報告(速報値、2人以上の世帯)では、外食を含んだ食料項目の支出は、実質ベースで5カ月ぶりに前年同月比マイナスに転じている。消費者の消費意欲は、外食への支出を増やすほどには回復していない状況。日本フードサービス協会によると、4月の全店売上高は前年同月比0.5%減。客数は同2.9%増だったものの、客単価が同3.2%減り全体を目減りさせている。

厳しい環境に対し、値下げで消費刺激を図る企業は少なくない。代表例が牛丼。大手3社の牛丼並盛り価格は、09年12月以降値下げしたゼンショー<7550>の「すき家」が280円、松屋フーズ<9887>の「松屋」が320円。一方、価格を据え置いた吉野家ホールディングス<9861>の「吉野家」は380円。相対的高値が前年対比の既存店売上高に打撃を与えている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT