バイデン大統領支える「がんで逝った息子」の存在

苦難の中でいかに大統領選出馬を決めたのか

バイデン大統領は息子が余命宣告を受けるな中でいかに大統領選出馬を決めたのか(写真:Stefani Reynolds/Bloomberg)
今年1月、アメリカ合衆国大統領に就任したジョー・バイデン氏は、オバマ政権で副大統領を務めていた2015年、私生活では脳腫瘍で余命宣告を受けた息子を抱え、公務では国内の人種問題や東欧の紛争の調停に追われていた。さらに大統領選出馬への決断の時が刻々と迫っていた……。
バイデン氏を知るにあたって、切っても切れないのが同氏にとっての家族の存在である。過去に交通事故で妻と娘を失い、脳腫瘍で息子を失っているバイデン氏はいかにして数々の苦難に立ち向かい、大統領選出馬への意思を固めたのか。バイデン氏の著書『約束してくれないか、父さん──希望、苦難、そして決意の日々』より、外交ジャーナリスト・元NHKワシントン支局長の手嶋龍一氏による本書紹介文から一部抜粋して掲載する。

不治の病に襲われた最愛の息子

それはオバマ大統領が再選を果たした翌2013年の夏のことだった。副大統領、ジョー・バイデンは思わず身震いするほどの凶報を受け取った。

長男ボーの脳には腫瘍が巣くっており、手足にも痺れがあり、言葉も乱れはじめていた。良性の腫瘍か、放射線や抗がん剤で治癒が見込めるリンパ腫か、それとも不治の病といわれる膠芽腫(こうがしゅ=グリオブラストーマ)か。ボーを苦しめていた病気の正体を突き止めるため、脳から生体が摘出された。手術を手がけたのは、テキサス・ヒューストンのMDアンダーソンがんセンターの最高権威だ。検査の結果は膠芽腫。病態はもっとも重篤なグレード4だった。

「私はうなだれて床を見つめていた。打ちのめされた思いだった。ロザリオを握りしめ、神に祈った──これに立ち向かう力を、どうか私にお与えくださいと」

次ページ「なぜ自分だけが不条理な仕打ちを受けるのか」
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT