「ペット」業界がコロナ後も強いと言えるワケ

巣ごもりに加え、高機能フードや保険に勢い

コロナ禍で注目を集める「ペット」。その業界構造はあまり知られていません(写真:アオサン / PIXTA)

ペット関連業界が活況だ。コロナ禍で在宅時間が増える中、新規でペットを飼い始める人が増えた。ペットフード協会によれば、2020年の新規の飼育頭数は犬が46.2万頭(前年比14%増)、猫が48.3万頭(同16%増)と増加傾向にある 。

最近、オスで0歳のチワワを買い始めた男性(40代)もその一人だ。「中学生の息子、小学生の娘がペットを飼いたがった。テレワーク勤務が多くなって在宅時間も増えため、世話をしやすくなったし、ペットショップでかわいい子犬と出会った」のがきっかけだ。

食費や医療費については思ったよりもかからないというが、吠えて近所迷惑にならないようにと、しつけ教室の料金(5日間で6.6万円)に通わせたり、旅行中にペットホテル(1泊約5000円)に預けたり、トリミング代(1回4000円)など、出費は少なくない。

それでも男性は「近所に散歩へ連れて行くことで、犬友に出会ったり、休日に犬連れキャンプに行ったりと、新しい家族の楽しみが増えた」と満足げに言う。「親と子が一緒に子犬を育てるので、家族の絆は深まるし、子供にとっても責任感が芽生える」(男性)。

ペット市場規模は4461億円 

174業界、4080社を網羅した最新『会社四季報 業界地図2022年版』(小社刊)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

『会社四季報 業界地図 2022年版』(東洋経済新報社、8月26日発売)では、会社四季報記者が自動車、IT、小売りなど主要業界を含む全174業界の現状と先行きを解説している。最新版は、新規業界としてペット業界も加わった。

ペットフード・ペット用品を合わせた国内市場規模は2019年度に4461億円(前年度比5.5%増)で、そのうち犬猫向けが8割以上を占める 。ペットショップや医療などを合わせた全体の市場規模は約1.5兆円ともいわれる。

市場好調の背景は、コロナ禍による巣ごもり需要だけではない。ペットを家族とする意識が高まる中、ペット保険や高付加価値ペットフードなど、近年続く商品・サービスの広がりも後押ししている。

次ページペットフード業界の勢力図は!?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT