高校バスケ強豪校が告白「コロナ出場辞退」の裏側

大会や競技により「出場規定まちまち」の実態

部員のコロナ感染により、インターハイへの出場辞退となった、強豪校・近畿大学附属高校バスケットボール部の部員たち。部員たちと学校の葛藤とは? 写真は3年前の大会時のもの(写真提供:近大附属高校)

熱が出たのはインターハイが始まる10日前の昼間だった。

「その日は練習はオフで、昼寝をしてたらなんだか体が熱いなあと気づきました」

熱を測ったら36度9分。不安でその夜は眠れなかった。翌朝は37度5分に上がった。

「もうヤバいなと思いました」

母親に付き添われて病院の発熱外来へ。鼻の粘膜を採取する方法で検査を受けた。

「陽性ですね」

医師に告げられた瞬間、頭の中が真っ白になった。涙がぼろぼろこぼれた。

「本当にショックで、チームのみんなに申し訳なくて。あんなにつらい思いをしたのは初めてでした」

そんな体験を話してくれたのは、バスケットボールの強豪校として知られる近畿大学附属高校のA君だ。近大附属は、全国高校総体(インターハイ)バスケットボール男子大阪府第一代表。A君は主要メンバーのひとりだ。

相次ぐ出場辞退

7月からの五輪期間中、東京都を中心にコロナウイルスの感染拡大が深刻化した。五輪閉幕翌日からスタートした夏の甲子園で2校、7月下旬から競技ごとに開催されたインターハイでも、コロナ感染による出場辞退が相次いだ。8月11~17日だけで8競技15校が出場を辞退したという(8月17日毎日新聞配信)。A君が所属する近大附属も、彼の感染により辞退の決断をすることになった。

感染拡大リスクは怖いが、出場したい、出場させたい。生徒も指導者も保護者も、それぞれがねじれた感情を抱えつつ「自分が感染したら」「うちの部員が」「もしもわが子が?」と緊張を強いられてきた。そのなかで感染した当事者は、どんな気持ちで現実と向き合ったのか。家族、また学校や顧問教諭の協力・了承を得たうえで、生徒が話を聞かせてくれた。

次ページA君のところに次々と届いたメッセージ
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT