フランス人が提案「緊急宣言下の日本」の楽しみ方

観光客がいない今こそ日本を楽しむチャンス

ちなみに、今回の岐阜訪問では鮎という魚や、鳥を使った伝統的な漁法(鵜飼)にも初めて触れました。これらについては聞いたことはありましたが、夏にしか見られないそうですね。とても印象的でした。

風鈴

もう1つ、日本独特な夏の風物詩といえば「風鈴」です。多くの外国人は、軒下に吊るされた物体に何の意味があるのか不思議に思っています。しかし、日本のこのおそろしいほどに暑い夏を味わった今、風鈴を通り抜ける風の音を聞くだけで涼しさを感じる感覚が理解できます。

そういえば、パリに持ち帰るために1つ買ったことがありました。パリの自宅の前にある小さな木に取り付けました。そこは隣人との共有スペースだったのですが、日本に長期滞在をして戻ってきた時、風鈴が縛られているのを見てとてもショックでした。近所の人たちは、風鈴の音でまったく癒されなかったようです。これが異文化生活の面白さです。

実は日本は「美術館大国」

美術館・博物館・展覧会

フランスでは厳格なロックダウンが行われていた時は、美術館や博物館は軒並み閉まっていましたが、日本では多くの美術館がオープンしています。だからこそ、美術館や展覧会に足を運ぶのにふさわしい時期といえるのではないでしょうか。

多くの美術館では密を避けるために事前予約などを行っています。日本では人気の展示会は「作品より人を見に行った」ということになってしまう時もありますが、来館者の人数制限を行なっているのであれば、通常時よりゆっくり作品を楽しむことが可能です。

あまり知られていませんが、日本は美術館大国で、どの地域にも素晴らしい、個性的な美術館があります。今こそそういう場所を訪れるチャンスではないでしょうか。

新型コロナの感染者が増えていることばかりに目を向けていると、日本は絶望的な状況にあるように見えてしまいます。しかし、ワクチン接種が確実に、そして急速に進んでいるので近い将来はもう少しポジティブな状況になることを願っています。

日本はとてもすばらしい国で、この夏、世界の人々がこの国を直接見に来ることができなかったのは本当に残念なことです。しかし、観光客がいない今だからこそ、地元を改めて探索してこれまでスルーしていた場所を訪れてみたり、日本独特の夏の風物詩を静かに体験してみたりするのに適した時期でもあります。そう、私自身がフランスで何年かぶりにベルサイユ宮殿に行ったように……。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT