政府に「試されている」フランス人の戸惑いと憂鬱

突然の「衛生パス」導入に国民は揺れている

フランスでは5月19日以降、テラスでの飲食が「解禁」された(写真:Nathan Laine/Bloomberg)

パリが復活し、活気を取り戻しています。5月19日以降、テラスを含めたカフェやレストランの営業が再開し、パリはそのエネルギー、美しさ、文化を取り戻しました。

テラスの再開は、三度目のロックダウンの後、最も期待されていたことでした。18歳以上のフランス人の45%は、新型コロナウイルスに関するさまざまな行動規制解除の中で、「買い物に行く」より、「バーやカフェ、レストランのテラスに行く」ことを最も楽しみにしていることにあげていました。

「テラス席」に座りたかった!

フランス、特にパリの大きな特徴の1つはカフェテラスです。2020年10月以降、新型コロナの影響で、すべてのカフェレストランが閉鎖を余儀なくされました。こうした中、人々は外に出て食事をしたり、友人とおしゃべりをしたり、同僚とランチをしたりすることができなくなり、もどかしい思いをしていました。

この連載の一覧はこちら

しかし、何よりも恋しいのは、テラス席に座ることでした。コーヒーを飲んだり、打ち合わせをしたり、一息ついたり、通りを眺めたり、「パッサント」(歩く人)を眺めたり、太陽を楽しんだり。テラスはパリの人々にとって当たり前のもので、そこに座っているだけで自由な感じがするのです。これはフランス人にとって、ある意味「生きるという芸術」の一部なわけです。

人々は通常、テラスに座ってリラックスしたり、パートナーや友人と時間を過ごしたりします。人によっては、新しい人との出会いや、社会的な輪を広げるために利用することもあります。

テラスは、閉鎖的な空間とは異なり、人々が自由に自分を表現できる場所でもあります。レストランの中では、声を出すのは難しいものです。テラスでは、身振り手振りを交えながら、時には大きな声で自分を表現することができるのです。

このほかにも、さまざまな制限が解除されています。その1つがマスクの着用。公式に認められる前から、パリの街ではマスクを外す人が目立つようになっていました。フランス人にとって不慣れなマスクをすることは大変苦痛でした(マスクをしないと135ユーロの罰金というのも……)。ただし、公共交通機関、店、美術館、映画館などではまだ義務付けられており、多くのフランス人もこれには従っています。

次ページ自由満喫していた国民を動揺させたマクロン大統領
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT