「部下がすぐやめる上司」「やめない上司」の差 「ありがとう」の反対語を正しく言えますか?

拡大
縮小
内から湧き上がる欲求である「動機付け要因」を引き出せない上司の元では、部下が辞めてしまうという現実が……(写真:kouta/PIXTA)
研修の企画・講師を年200回、トータル2000社、累計2万人を超えるビジネスリーダーの組織づくりに関わってきた組織開発コンサルタント・高野俊一氏による連載「その仕事、誰かに任せなさい!」。エンターテインメントコンテンツのポータルサイト「アルファポリス」とのコラボにより一部をお届けする。

部下を辞めさせる上司とは

あなたの部下は、仕事にやりがいを感じていますか?

それとも、今すぐにでも辞めたいと思っていそうですか?

アルファポリスビジネス(運営:アルファポリス)の提供記事です

もし、自分の部下が仕事を辞めたいと思っていたなら、ショックですよね。

部下を辞めさせる上司というのは、会社から評価されません。

「あの人はすぐ部下を辞めさせる」

そういう人には部下をつけてもらえなくなり、最悪の場合、降格もありえます。

部下をやる気にさせられない人、部下を育てられない人として、マネージャー失格の烙印を押されてしまうわけです。

はじめて部下をもった新任上司にとって、部下を辞めさせてしまうか、そうでないかは重要な問題です。

私は実際、多くのリーダーを見てきましたが、「部下を辞めさせる上司」と「辞めさせない上司」の違いは、明確に存在します。

それは、どこにあるのでしょうか。

この違いを理解するには、まず、部下がなぜ辞めるのか、このメカニズムを理解する必要があります。

行動心理学に基づけば、人が辞める理由は2つに分かれます。

①衛生要因(外的要因)

②動機付け要因(内的要因)

衛生要因とは、賃金が低い、職場環境が悪い、労働時間が悪いなど、仕事の中身ではなく、外から与えられる喜びのことで、外的要因とも言います。

部下を辞めさせる上司は、部下が辞める理由を「衛生要因」だと考えます。

実際、「給料が低いから」「職場が家から遠いから」「労働時間が長いから」と衛生要因を退職理由にあげる人が多いのですが、それは見せかけの理由です。

終身雇用の時代では、人は「辞める理由」がないと辞めませんでした。
しかし、今は「辞める理由」がなくても辞めてしまいます。

逆に、「続ける理由」がないから辞めてしまうのです。

続ける理由に当たるのが、「動機付け要因」です。

内から湧き上がる欲求である「動機付け要因」を引き出せていないから、部下が辞めてしまうわけです。

次ページ部下が仕事を辞めなくなる心理学!
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT