45歳の証券マンが脱サラ「CG界へ転身」決意の裏側

「ミレニアム・ファルコン」を作った男の半生

「何をやるにも遅すぎることはない」成田昌隆さんは45歳で脱サラし、アメリカでCGアーティストへ転身し活躍している(写真:mits/PIXTA)
「本当はこんな夢があった」「あんなことをやりたかった」と思っては「今さら無理」と諦める人も多いのではないだろうか。だが、「何をやるにも遅すぎることはない」と言い、それを体現する人がいる。45歳で脱サラし、アメリカでCGアーティストへ転身した成田昌隆さんだ。
現在はルーカスフィルムのVFX(ビジュアル・エフェクツ)制作会社、ILMでモデラーとして働いている。『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』で主人公たちの駆るミレニアム・ファルコンやファーストオーダーの巨大戦艦スターデストロイヤーを覚えているかもしれない。それらは成田さんが一つひとつ部品を組み合わせて、コンピューター上に作ったものだ。
「ミレニアム・ファルコン」を作った男 45歳サラリーマン、「スター・ウォーズ」への道』を一部抜粋し再構成のうえ、45歳でサラリーマンを辞めるまで成田さんにいったい何があったのか紹介する。

23年間のサラリーマン生活に別れ

サラリーマンとして働いていて、会社を辞めようと考えたことがまったくない人間など、この世にはおそらく存在しないはずだ。

上司や同僚との人間関係がうまくいかない、仕事が面白くない、忙しくて家族や恋人と過ごす時間がとれない、給料が安すぎる、このままではキャリアアップできない──。

サラリーマンが会社を辞めたくなる理由といえば、こんなところだろうか。

2008年初頭、サラリーマン生活23年、45歳になる私もご多分に漏れず、会社を辞めるべきかどうか悩んでいた。当時の私の肩書は、日興コーディアル証券(現・SMBC日興証券)のニューヨーク駐在員事務所長。オフィスは、世界の繁栄の象徴ともいえるタイムズスクエアにあった。

これだけ聞くと、恵まれた環境にあった人間の贅沢な愚痴に聞こえるかもしれない。だが、マイナス十数度にもなるニューヨークの外気と同じくらい、私の心は会社で働くことに対して冷たくなっていた。

ニューヨーク、特に真冬のニューヨークでの通勤は心躍るようなものではない。オフィスにたどり着く前にはすでに疲労困憊しているが、本当に疲れるのはここからだ。

事務所は3年前に開設されたばかりで、私が初代の所長である。できてまだ日が浅い事務所だから、新規ビジネスを試行錯誤しながら模索していかなければならない。仕事自体はやりがいはあったものの、西海岸のIT子会社勤務から所長になった私と、本社エリートコースを歩んでアメリカに意気揚々とやってきた部下では、反りが合うはずもない。所長として赴任した初日から、職場の人間関係はギスギスしていた。

開放的な西海岸とは異なり、ニューヨークの事務所では働き方も「ザ・日本企業」だった。定時が過ぎても、日本との連絡があるため遅くまでオフィスに居残り、出張者や顧客がいればまたもや接待だから、帰りは午前様が当たり前になった。

次ページ「会社に行きたくない」
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT