1万5千円以内で買える話題の「電気圧力鍋」3選

料理のレパートリーが増え、調理の「時短」にも

ほったらかしで調理できる電気圧力鍋。低価格で特徴的な3製品を紹介する。左からコイズミ「KSC-4501」実勢価格1万500円、A-Stage「Re・De Pot」実勢価格1万4800円、山善「YPCB-M220」実勢価格7000円(筆者撮影)
この記事の画像を見る(4枚)

在宅時間が増えるとともに家で食事をする回数が増え、料理を負担に感じている方も多いのではないだろうか。調理の手助けをしてくれる調理家電はコロナ禍で売り上げを伸ばし、現在も注目されている。

中でもほったらかしで調理できる電気圧力鍋は、個性的な製品が登場。手に入れやすい低価格のタイプを中心に今回は特徴的な3製品を紹介する。

売り切れ続出中のスタイリッシュな電気圧力鍋

A-Stage「Re・De Pot」は2~3人分のコンパクトな電気圧力鍋。炊飯容量は4合で調理容量は1.2L。圧力調理、スロー調理(設定温度は40~100℃)、作り置きの料理を温め直す「温め調理」ができる。一般的な電気圧力鍋のゲージ圧は70kPaだが、Re・De Potは83kPaと高く、短時間で調理できることが特徴だ。特に得意なのは炊飯だ。お米を浸す浸水時間が不要で、わずか25分で炊き上がる。粒立ちがよく、しゃっきりとしており、少しかためのご飯が好きな方に好評だ。おにぎりにするには少々かたいので、最初に15分ほど浸水しておくともちっとしたちょうどいい食感になる。

さつまいものゴロゴロ炊き込みバターご飯を作ってみた。さつまいもを丸ごと入れて、圧力調理で7分。その後25分置いておく。かたくて太いさつまいもを切らずにそのまま入れたので火が通っているかどうか不安だったが、しゃもじがスッと入るやわらかさになっていた。こういった調理は野菜からの水分などでご飯がべたっとしがちだが、ハリがあり、粒立ちのよさが残っている。

「Re・De Pot(リデポット)」。さつまいもを丸ごと入れても短時間でやわらかくなる(筆者撮影)

圧力調理ができるので、煮込み調理などもできる。ただ、フタを開けて調理できないのは少々不便だと感じた。チャーシューなどを作った後にたれを煮詰めるといったことはできない。

なお、Re・De Potは独自のスタイリッシュなデザインも人気だ。電気圧力鍋で本体カラーが4種類(レッド、ブラック、ネイビー、ホワイト)も用意されているのは珍しい。実勢価格は1万4800円で、現在も品薄状態が続いている。

次ページ卓上鍋としても使えるコンパクトな電気圧力鍋
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT