中国と北朝鮮、本当の関係は?韓国で大論争

北朝鮮への中国の原油供給「ゼロ」をめぐる謎

真夏の「ゼロミステリー」?中国と北朝鮮の「原油取引ゼロ」という統計の解釈をめぐり、、韓国で議論がヒートアップしている。果たして、中朝二国間の関係は?

中朝関係は、果たして良いのか悪いのか。この関係をどう判断すべきかをめぐり、韓国で舌戦が繰り広げられている。特に、中国税関の統計において、中国からの北朝鮮向け原油輸出が今年1月から6月まで「ゼロ」と示されたことをきっかけに、議論はヒートアップしている。

中国からの北朝鮮向け原油輸出ゼロの「真実味」

北朝鮮経済の命綱と言える、中国からの原油が本当にゼロであれば、甚大なる悪影響を及ぼしかねない。だが、それに反して北朝鮮は平穏であり、かつ経済はわずか、かつ緩慢ながらも改善に向かっている。韓国に広がる中朝間の「ゼロ」ミステリー、その真実はどうなのか。

東洋経済ではこれまでも「中国からの北朝鮮向け原油輸出がゼロ」の真偽をめぐって報道したことがある。ここでは、「統計上はゼロでも、無償協力・支援などで原油の供給は続いている」「中朝間のパイプラインは止められず、量は調整できても全面的にストップさせるのは技術的問題もあり難しい」「中東やロシアなど、原油供給源を北朝鮮は多角化させている」ことを示した。

次ページ過去は、核実験後も原油供給
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT