北朝鮮では「カカオトーク」はスパイの道具?

当局が情報拡散を恐れ、ユーザーを次々と摘発

「朝鮮戦争休戦61周年」を祝う平壌。北朝鮮ではメッセージアプリもやはりご法度のようだ(AP/アフロ)

「カカオ」を使えばスパイ--!?。北朝鮮でもカカオトークのような通話アプリが普及しており、情報の無秩序な拡散を恐れる当局が、摘発の対象として見なしている、という話が聞こえてきた。

カカオトークのアプリ使用で「連行」の恐怖

世界で1億4000万人以上、日本でも多くのスマホユーザーが利用している「カカオトーク」。そのユーザーは、韓国が発祥ということもあり、北朝鮮でも中国と北朝鮮の国境沿いの都市を中心に広がっている。だが、世界の多くの国とやりとりができることに北朝鮮当局が気づき、取り締まりを始めていると、米国の「自由アジア放送」(RFA)が1日、伝えている。

今は韓国に住む脱北者の話はこうだ。北朝鮮の北西部・平安北道を中心に、同国の治安機関である「保衛部」がユーザーのスマホを検閲しているとされ、カカオトークのアプリケーションがダウンロードされ、メッセージなどをやりとりしていることが確認されると、保衛部が「スパイ」と見なして、ユーザーを連行していくという。

そのような状況下でも、北朝鮮では海外とのやりとりができることが大きな魅力となっており、中朝国境沿いでは、中古のスマホが300米ドル(3万円強)以上で売買されているとRFAは伝えている。

次ページメッセージのやりとりは可能だが・・
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT