若いリスナー急増「ラジオ復権」導いた3つの要素

人気パーソナリティの番組分析でわかったこと

リスナーが増えているラジオ。その理由を解説します(写真:Princess Anmitsu/PIXTA)
コロナ禍の先行き不透明な状況下で、リスナーと本音で向き合う、あるいは寄り添う「コミュニケーションメディア」として、ラジオの力が見直されている。現ラジオ委員きってのヘビーリスナーである永須氏に、その背景について分析してもらった。

コロナ禍でラジオを聴く時間が増えた

「ストレートに、結婚しました。どうしてもラジオで伝えたい、ということがありまして。今日まで何とか協力してもらいながら、リスナーのみなさんに、一番に伝えたいと思って。(婚姻届は)この生放送に合わせたかったので、それまでバレないようにということで、すごく遠いところに出しに行きました」(ニッポン放送「ナインティナインのオールナイトニッポン」2020年10月22日放送分より)

『GALAC』2021年9月号の特集は「ラジオのポテンシャル」。本記事は同特集からの転載です(上の雑誌表紙画像をクリックするとブックウォーカーのページにジャンプします)

「ということで、結婚しまして。今からじゃんじゃん、お祝いの恐喝をしますから!(笑)」(JFN系列「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」2021年4月4日放送分より)

【2021年8月11日15時00分 追記】記事初出時、「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」の放送局、放送日の記述に誤りがありましたので、上記のように修正しました。

「私、星野源、新垣結衣さんと結婚する運びとなりました。(中略)僕はこれまでも『結衣ちゃん』と呼んでまして、彼女のほうは『源さん』だったり、まだたまに『星野さん』が混じる感じ」(ニッポン放送「星野源のオールナイトニッポン」2021年5月25日放送分より)

2020年初頭から始まった、新型コロナウイルス問題。原稿を書いている7月後半は、東京オリンピック・パラリンピックの開催前で、ワクチン接種がやっと本格化したような状況だ。

現時点では先が見えないコロナ禍だが、そんななかで今、ラジオの力が見直されているという。そこで最近、話題となった人気パーソナリティの番組をひもときながら、その背景について探っていきたい。

実際、2020~2021年にかけ、ラジオの復権をうかがわせるデータは多い。ビデオリサーチの調べによると、首都圏民放5局の1分当たりの平均聴取人数は、2020年2月ごろから増加し、4月中旬には90万人となった。2021年3~4月にも、約85万人が定着しているという。

同社はまた、12~69歳の男女約5000人を対象とした調査で、コロナ禍での行動の変化について「ラジオを聴く時間が増えた」と答えた人が12.6%に上ったとも発表している。

次ページラジコの利用者は月910万人に
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 買わない生活
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT