若いリスナー急増「ラジオ復権」導いた3つの要素

人気パーソナリティの番組分析でわかったこと

ラジオの「文字起こし」だけでなく、音源そのものまで当たり前のようにネットで飛び交う世の中では、発言の責任はこれまでになく大きなものになっている。何気ないひと言が誰かを傷つけ、信頼を失うという点に関しては、送り手側がスタッフとともに常に意識していく必要があるだろう。

もちろん、トラブルは起きないにこしたことはない。しかし、ラジオはトラブルから回復するための「武器」にもなりうる、ということも、この番組は教えてくれた。

「公開説教」で信頼関係を取り戻した

発言の翌週から、番組で岡村は謝罪に徹し、そこに相方の矢部浩之も登場。放送内で女性蔑視問題だけでなく、今2人がいかにコンビとして問題のある状態かについて「公開説教」を行った。

岡村はその説教を真摯に受け入れ、その後コンビでのパーソナリティが再開するに至った。節度を見直し、リスナーとの失われかけた信頼関係を、同じ番組で取り戻すことに成功したのだ。これも、そこに「生の声」があったことが大きいだろう。

ラジオの力が見直されつつあるというニュースの一方で、ラジオを取り巻く環境が厳しくなっているという話も依然多い。国内のラジオ広告費は2020年までの12年間で3割減少した。2020年6月には、新潟県と愛知県の県域FMラジオ局が相次いで閉局したが、その大きな理由は、どちらも経営の悪化と報じられている。

しかしコロナ禍で、確実にラジオは新しい信頼を手に入れた。今後新しい生活様式とともに、ラジオはよりその存在意義を増していくのではないか。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 見過ごされる若者の貧困
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • iPhoneの裏技
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT