若いリスナー急増「ラジオ復権」導いた3つの要素

人気パーソナリティの番組分析でわかったこと

この3番組以外にも、自身のラジオ番組で、自らのプライベートに関する発表をする芸能人は多い。また、ほかでは決して語らないようなエピソードが語られることもある。コロナ禍以降で、主なものを挙げてみると……。

・2020年7月、桑田佳祐が、放送当日に亡くなった三浦春馬さんについて触れ、「彼と会えてうれしかった。春馬君、安らかに休んでください。本当に残念です」と追悼した。
・2020年8月、小島瑠璃子が、人気マンガ『キングダム』の作者・原泰久との熱愛報道について「そのとおりです」と発言。事実上の交際宣言となった(※その後破局報道)。
・2020年8月、おぎやはぎ・小木博明が、初期の腎細胞がんが発見されたことを告白。「(がんが)5センチ以上ある」と相方・矢作兼を驚かせた。
・2020年10月、イモトアヤコが、急死した竹内結子さんを追悼。「本当にたくさんたくさん、愛をもらったなと感じております」と、涙声で感謝の思いを語った。
・2020年11月、1週間前の乗馬シーンの撮影中に骨折したMISIAが出演。「骨は折れても心は折れていません」と、明るい声で近況を報告した。
・2021年3月、V6・三宅健が、同年11月でのグループ解散を報告。ファンからのメッセージを新幹線内で読み、号泣したと明かした。
・2021年6月、BUMPOFCHICKENの直井由文が、番組の冒頭で10分以上にわたり、自身の不倫報道について謝罪。「失ってしまった信頼を取り戻せるかどうかわかりませんが、誠心誠意を込めて曲を届けていきたいと思います」と語った。

木梨憲武に至っては、ナインティナイン・岡村隆史の結婚のニュースを受け、早朝の生放送中に岡村本人へ直接、電話し、祝福の声を伝えた。「いや~、出たね!」と、木梨は大喜び。急に電話された側はたまったものではないかもしれないが、リスナーにとっては、木梨の感情が最もよく伝わる方法だった。

ラジオが見直されている理由

このように、パーソナリティの本音を面白い、と感じてくれれば、そこに固定ファンが生まれる。パーソナリティとリスナーの距離感が信頼できるものと感じさせてくれるのが、今ラジオが見直されている理由の一つだと思うのだ。

もちろん信頼関係を続けるためには、裏切らない努力が必要だ。冒頭で引用した「ナインティナインのオールナイトニッポン」は2020年4月、岡村が単独でパーソナリティを務めていた際に出たある発言が「女性蔑視ではないか」と、社会的にも大きな問題となった。これなどは、節度を逸脱しリスナーを裏切る結果となった典型的なパターンだと思う。

次ページトラブルから回復するための「武器」にもなる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT