若いリスナー急増「ラジオ復権」導いた3つの要素

人気パーソナリティの番組分析でわかったこと

その理由のヒントとなるものがあるかと思い、冒頭で3つの番組を引用させていただいた。

コロナ禍で、人との接触は明らかに減っている。リモート出社、オンライン授業が当たり前となり、介護や医療の現場は疲弊している。テレビを見ても、その状況を伝えることが中心で、自分のほうを向いているようには思えない。しかもテレビは制約が多いからか、極端な意見が聞かれることは少ない。

SNSで簡単に人と繋がれる時代ではあるが、こちらはむしろ感情がむき出しになりがちで、注意して受け取らなければ、自分がますます疲弊してしまうことになりかねない。

本人の(文字通り)声がはっきり伝わり、メディアとしての適度なモラルが保障され、何より自分の心に接触して、語りかけてくれている気がする……こうした欲求に合致するメディア、それがラジオなのだ。

そして、これまでラジオに触れなかった人たちが、そのことに気づき始めたということだ。

本音と節度と距離感から生まれる信頼関係

そしてこの欲求は、送り手の側も同じように求めているものだと思われる。SNSでの発信はダイレクトかもしれないが、どんな人が受け取っているのかわからない部分も多い。しかしラジオなら、リスナーは最低限「自分のファンである」というフィルターにかけられているので、自分の声で素直な感情を伝えても、わかってもらえるよさがある。そして、メディアに乗るものなので、いい意味で緊張感を持って発言できる。

本音と節度と距離感の3つの要素、そしてそれによって生まれる信頼関係が、送り手と受け手に共有されているのが、ラジオのよさではないだろうか。それを伝える手段が「生の声」であるという点も大きい。

そのうえで、あらためて冒頭の3番組の発言内容を見ると、いずれも「結婚」という喜びの本音が、節度を持って、リスナーとの絶妙な距離で語られているように感じるのだ。

次ページ自らのプライベートに関する発表をする芸能人は多い
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT