若くても「白髪リスク」が高まる食生活の実態

白髪の最大の原因は「現代型の栄養不足」だ

ただ、そうはいっても、楽しい席ではついつい飲んでしまうという人は、お酒と一緒に水を飲みましょう。目安として、お酒1杯飲んだら同量の水を飲むといいと言われていますが、この量にこだわらず、多めに飲むとアルコールの分解と排出を促してくれます。

特に、お酒を飲んで帰った日は、寝る前に体温と同じくらいの白湯をコップ1杯飲みましょう。内臓を温めて活性化し、老廃物の排泄を促してくれます。

また「五苓散(ごれいさん)」という漢方薬は、消化器や腎臓の働きを助け、むくみや二日酔いを改善する効果が期待できます。腎臓をいたわりながらお酒を飲むために、飲酒の前と後に1包ずつ飲むのもいいでしょう。

また、飲酒はカラダを酸化させてしまうため、抗酸化作用のあるビタミンC、ビタミンE、水素をサプリなどで補うと、飲酒による不調をいっそう遠ざけます。

タンパク質は動物性と植物性どちらがいい?

白髪に悩む人にとどまらず現代人に不足しがちな栄養素の代表は、ミネラルやタンパク質です。

タンパク質は、筋肉や臓器を構成する非常に重要な栄養素であり、酵素やホルモンの原料にもなります。

良質なタンパク質を含む食品を選ぶ目安の1つに「アミノ酸スコア」があります。体内で合成できない必須アミノ酸9種類が、それぞれ必要量を満たしていれば、アミノ酸スコアは100となります。アミノ酸スコアが100の食品には、卵、牛肉、アジ、サンマなどがあります。

また、タンパク質には肉や魚、卵などに含まれる動物性と、豆類、野菜、穀物から摂取できる植物性があります。

動物性のタンパク質としては、体内で合成できない必須アミノ酸をバランスよく含むものが多い一方で、動物性の脂肪を多く取り入れがちになるという弱点があります。

植物性のタンパク質は、食べ物に含有されるタンパク質の量が少ないというデメリットはありますが、ビタミンやミネラルなどの栄養素を同時に摂取できるというメリットがあります。

そのため、髪の毛と全身の健康のためには、動物性と植物性、どちらも取り入れることをオススメしています。

次ページ「海藻は髪の毛にいい」は本当か
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 見過ごされる若者の貧困
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT