61歳科学者「人類初AIと融合」余りに壮大な生き方

難病ALSに見舞われた彼が挑むとてつもない賭け

まるっきりSFのような話だが、ピーター氏はそれを「SFじゃない」と断言する。ロボット工学の第一人者としての自信がそうさせるのだろうが、彼が自分の考えを信じ続けられることにはもうひとつ理由がある。

人類で初めて「AIと融合」し、サイボーグとして生きる決断をしたピーター・スコット-モーガン博士(写真提供:ピーター・スコット-モーガン)

上記の発言にもある「ダーリン」の存在がそれだ。彼はゲイであり、パートナーであるフランシス氏と多くのものを共有することによって自我を確立してきたのである。その関係性は男女のそれとまったく変わりがなく、もしかしたらそれ以上に純粋だとすら言えるかもしれない。

なお余談ながら、本書を際立たせている特徴のひとつが、ピーター氏とフランシス氏、それぞれ異なる個性だ。そして、その違いを効果的に表現するために一役買っているのが“会話”である。原著を確認したわけではないが、翻訳が優れていることもあり、言葉の端々からそれぞれの性格を読み取ることができるのだ。

ピーター氏がインテリでプライドが高く行動力がある一方、フランシス氏にはやや斜に構えた屈折感があるというように。そんなふたりの関係性が、間接的にではあるが物語に深みを与えているのである。

そう、これは“物語”なのだ。

現在のピーター氏は?

たしかに基本的には、人類初のチャレンジを試みた学者の自伝である。だが同時に、若いころにふとしたきっかけで出会い、結果的には人生の伴侶となったフランシス氏との二人三脚を描いた物語でもあるのだ。

ピーター氏が“真に重要な宇宙の法則”として次の3つを挙げていることも、そうした考え方の根拠となるかもしれない。

1. 科学こそ、魔法への唯一の道である。
2. 人類が偉大なのは、ルールをぶっ壊す存在だから。
3. 愛は――最終的に――すべてに勝つ。
(420ページより)

さて、とてつもない賭けに出たピーター氏は、最終的にどうなったのだろうか?

最終章は2040年の話になっており、つまり文字どおりSFとして幕を閉じる(そういう意味でも、多角的な作品だといえる)。だからわかりづらい部分はあるし、そもそも種明かしをするのはアンフェアだ。

しかし余命宣告から4年を経た2021年現在も、研究、著書出版、メディア出演などを精力的にこなしているそうだ。発想力、行動力、そして愛の力が、不可能を可能にしたということか。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT