テスラの「欧州進出」を全力で拒むドイツの勢力

シリコンバレー流の高速経営を阻む欧州の伏兵

ドイツ・ベルリン東部に建設中のテスラの工場(写真:Andreas Meichsner/The New York Times)

ベルリン東部の松林に囲まれた地域で建設が進む薄灰色の巨大工場。アウトバーンに専用の出口を持つ同工場では、今ごろピカピカのテスラ車の生産が始まっているはずだった。ところが、シリコンバレーの野心はここでドイツの流儀と衝突した。

総工費70億ドルの同工場は急成長するヨーロッパの電気自動車(EV)市場に対する供給拠点となる予定だが、地元当局によると計画には少なくとも半年の遅れが生じている。併設のEVバッテリー工場は建設が始まったばかりであり、テスラ車のドイツ生産はさらに遅れる可能性もある。テスラは取材にコメントしなかった。

ヨーロッパにおけるテスラ初の大規模完成車工場は、地元政治家の強い支持を得ている。しかし、環境保護団体からの法的措置、当局による承認手続きの遅れ、テスラ自らの計画変更が進捗の妨げとなっている。おまけにテスラは、工場用地に生息するトカゲ、さらにはこのトカゲを食べて生きているヘビの住処も用意しなくてはならない。

ヨーロッパ市場は外国メーカーの鬼門

テスラにとって生産の遅れは大きな痛手となりかねない。フォルクスワーゲン(VW)、メルセデス・ベンツ、ルノーといったライバルにEVのラインナップを増やす時間的余裕を与えてしまうからだ。

テスラが中国とアメリカから輸入している「モデル3」は、ヨーロッパ大陸で最も売れているEVだ。しかし、ベルリンを拠点にヨーロッパのEV販売を追跡している独立系アナリストのマティアス・シュミット氏によると、ハッチバックの「ID.3」やSUV(多目的スポーツ車)の「ID.4」を昨年投入したVWは、EVの合計販売台数でテスラを上回るようになっている。

シュミット氏が言う。「ヨーロッパ市場は今、とても盛り上がっている。テスラがチャンスを逃し、ヨーロッパメーカーに好機がめぐってきているのは間違いない」。

歴史的に、アメリカの自動車メーカーが大西洋を飛び越え、ヨーロッパ市場をドル箱にできたケースほとんどない。労働組合の扱いの煩わしさに加え、現地消費者の嗜好を読み取る難しさから、ヨーロッパ市場は外国の自動車メーカーにとって金食い虫となってきた。

次ページ前のめりのアメリカ、慎重なドイツ
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ブックス・レビュー
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT