納得!だからあの人は「部下がついてこない」のか

現場が自発的に動く「PDアプローチ」の反転質問

では、因果関係が不明な場合でも、部下が自発的に動く理想のリーダーとはどのような人なのでしょうか?

「できず語れない人」が理想のリーダー

部下が自発的に動く学習する組織のリーダーには2種類あります。組織の因果関係を明確化し、そこで真の原因を特定し、問題解決を図っていくリーダーです。ピーター・センゲの主張する学習する組織は大別すると、次の3つに分類されます。

① 志の強さ(自己マスタリー、共有ビジョン)
② 現状の理解の深さ(システム思考)
③ 創造的対話(メンタルモデル、チーム学習)

このなかでも②のシステム思考によって現状を取り巻く因果関係をループ図によって明らかにしていくことが重視されます。言い換えると、因果関係の明確化です。ここでは、「できて語れる」少数の人たち、あるいは「できないけれども語れる人」が対話によって解決策を模索することが可能です。

しかしながら、因果関係が明確化できない領域があります。それは組織の人たちの行動変容が必要になる場合です。これを「適応課題」と呼びます。この適応課題では、因果関係が明確化できないため、トップダウンによる技術的な課題解決は難しくなります。

それにもかかわらず、優秀な外部コンサルタントや組織内の「できて語れる人」を寄せ集め、問題解決を図ろうとする組織は少なくありません。その結果、提案される解決策は決して問題を解決せず、むしろ不必要な仕組みを押し付け、現場の人たちの負担を増やすだけに終わってしまうのです。

この適応課題に直面した学習する組織のリーダーとは、「できず語れない人」です。一見すると無能なリーダーのように思われるかもしれません。しかし、事実は、できる人を見出し、そこから学ぶことができる有能なリーダーなのです。

かれらは、身近なところに存在する「できて語れない人」を探していくことから始めないといけません。リチャード・パスカルらの著書『POSITIVE DEVIANCE(ポジティブデビアンス)』では、学習する組織のリーダーの本質として、次の老子の言葉を引用しています。

人から学び
人とともに計画し
人が持っているものから始め
人が知っていることから構築せよ
最高のリーダーたるもの
事が成れば
皆語るだろう
私たちがそれを成し遂げたのだと
次ページ「できて語れる人」の盲点
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT