9.11の反省からCIAが「人材の多様化」進めた意味

悲劇を繰り返さないよう求められた組織の変革

チームを多様性に富んだ異なる特徴を持つ者で構成することには、パフォーマンスを向上させるメリットがあります(写真:fizkes/iStock)
約3000人が死亡したアメリカ同時多発テロから9月で20年になります。
この史上最悪のテロを、何万人もの人員と何兆円もの資金を誇るアメリカの情報機関は防ぐことができなかったのか――。こうした批判の目は、事件後とりわけCIAに向けられました。実際、複数のテロの「兆候」があったにもかかわらず、アメリカの情報機関は潜入捜査などを開始していませんでした。
このCIAが犯した「史上最大級の失敗」の原因の1つに、「組織の多様性のなさ」を挙げる声があります。
新著『多様性の科学』では、CIAやGoogleなどのグローバル企業などの事例をとり、同じ特徴の者ばかりを集めた多様性に欠けるチームでは、致命的な失敗を未然に見つけ、高いパフォーマンスを発揮することはできない、と説いています。
前回、前々回に引き続き、同書より一部を抜粋・編集しお届けします。

CIAが「9.11の反省」から変わったこと

9.11のあとしばらくして、CIAは自分たちが致命的な画一的集団であることにやっと気づき始めた。その兆候は、アフリカ系アメリカ人のムスリム、ヤヤ・ファヌーシを職員に採用したことからもわかる。ファヌーシはアメリカの西海岸で生まれ、カリフォルニア大学バークレー校で経済学を専攻し、その後フルブライト奨学金を得てコロンビア大学大学院を修了した。イスラム教に改宗したのは20代前半で、現在も敬虔な信者だ。私はある春の朝、ファヌーシに取材を行った。CIAでの体験について、彼はこんなことを話してくれた。

2005年にCIAに入った当時は、テロ対策ではなく経済分析を担当していました。経済学のバックグラウンドがあったので当然と言えば当然でしょう。ムスリムだからテロ対策、と単純にはいきません。しかしそのうち私ならではの貢献ができるのではないかと思い始めました。それで7月7日のロンドン同時爆破事件のあと、アルカイダのテロ対策に関わる部署に異動したいと申し出たんです。

次ページ異動後すぐ頭角を現す
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT