新しい挑戦に自信がない人に知ってほしい始め方

最初は「たったひとりの熱狂的ファン」から

スティーブ・ジョブズやビル・ゲイツの成功もひとりのフォロワーが支えたことから始まりました(写真:pixpanjp/PIXTA)
「新型コロナウイルスの出現によって変わりつつある世の中では、戦略的に“やめる”ことが大切」と語るのは「プレゼンの神」と呼ばれる元マイクロソフト業務執行役員の澤円さん。やめたあとには、思いきってやりたいこと・好きなことにフォーカスすることが大切だと説きます。どうすれば、新しく始める勇気が湧いてくるのか。最新刊『「やめる」という選択』から一部抜粋、再構成して掲載します。

成功のカギは、「ひとりめのフォロワー」にある

「本当はやりたいことがあるのですが、自信がなくて始められません」

「実は前から○○で一旗揚げたいと思っているのですが、踏み出せなくて」

こんなふうに相談されることがあります。

本当はやりたいことや好きなことがあるのに、それを始めるために今の生活を手放すのが怖くて、一歩を踏み出せない。そういう方にぜひ見ていただきたい動画があります。デレク・シヴァーズという起業家が、「社会運動はどうやって起こすか」というTEDGlobal の講演で紹介した動画です。

これはスタートアップ企業のバイブルとしてよく見られる動画でもありますが、まさに「わたしはこんなことやっているんだよ」と声を上げる人が、どのようにまわりを巻き込んでいくかを表しています。

最初は公園で人がひとり裸で突然踊りはじめて、まわりの人はその様子を冷めた目で眺めています(イラスト❶)。でも、次にその人の隣にやって来て、一緒に踊りはじめるひとりのフォロワーが現れます(イラスト❷)。やがて指数関数的に人が増えていき、その場全体が熱狂に包まれていきました(イラスト❸)。

ポイントは、イラスト❷でフォロワーがひとりついたことです。

(イラスト:白井匠)

いわば、「たったひとりのファン」がついたあと、あれよあれよという間にフォロワーが増えていったのです。これが、社会運動が広がるメカニズムであり、スタートアップが熱狂していく姿を見事に表しているのです。

かつてのスティーブ・ジョブズにはスティーブ・ウォズニアックがいたし、ビル・ゲイツにはポール・アレンというひとりのフォロワーがいました。そこからすべてがはじまったのです。

決してスティーブ・ジョブズやビル・ゲイツもひとりでなにかをしたわけではありません。たったひとりのフォロワーがいるかいないかによって、そこから事業が立ち上がっていくかが決まるわけです。

これはとても重要なポイントです。

次ページ「ひとりの熱狂的なファンをつくる」ことから
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT