「気楽で面白くて仕方ない」結婚をした2人の経緯 恋愛経験の少ない2人が作り上げる新生活

✎ 1〜 ✎ 187 ✎ 188 ✎ 189 ✎ 最新
拡大
縮小

それから1年が少し経過したところで、実際にお見合いして交際した晴美さんは50歳の派遣社員である。

当初気になった「30代後半の看護師」とはかなり異なるが、彼女のどんなところに心惹かれたのだろうか。

同じ土俵で話せる

「私はとにかく自分と同じ土俵で会話できる人を探していました。マッチングした人とはネット上でやり取りをしてからお互いのプロフィールを見せ合う仕組みです。でも、私の文章の意図をちゃんとくみ取って返信してくれる人はほとんどいませんでした。晴美さんはその数少ない一人です」

相手の話はちゃんと聞く姿勢がある正治さんだが、スイッチが入ると怒涛のように話す傾向がある。自己主張したいというよりも、順序立てて漏れなく説明しないと気が済まないのだろう。

「晴美さんは同じ土俵で話せるし、否定せずに肯定的に聞いてくれます。交際してからLINEでやり取りをしていて、『もっともっと幸せにするよ』と伝えたことがありました。それをすごく喜んでくれてスクショしたと返してくれたんです。自分にはこの人しかいない、と思いました」

何でも思い切り話せて、しかも自分とは違う反応を示してくれる相手――。遠い昔に離れ離れになった相棒と再会したような気分になったのかもしれない。長く実家暮らしをしていた晴美さんも同じ気持ちだった。

「両親との仲はいいほうですが、気を遣って『いい子』でいようとしていました。正治さんとの2人暮らしはとにかく楽。料理と掃除は私がメインでやっていますが、部屋のインテリアも含めて私の好きなようにやらせてもらっています。私はジャイアンとサザエさんを合わせたようなキャラクターらしく、正治さんからは『ジャイアンサザエ』と呼ばれていますから」

ちなみに洗濯は「小物干しがバランスを崩して傾くのが嫌い」な正治さんの担当。買い物はたいてい一緒に出かけて重いものは持ってくれるらしい。パソコンを自作するほどの腕前なので機械関係も正治さんにお任せだ。

唯一ぶつかるのは、正治さんがモノを集めすぎるところ。革製品だけでなく書籍や花瓶などにも興味を示し、それを部屋の中に並べたがる。コレクター気質なのだろう。2LDKの間取りのうち、2人の寝室と筆者がお邪魔しているLDKの他にある1室は「とてもお見せできない」状態らしい。そういえば、テレビ台のところに変な人形たちがいるぞ。

「スミスキーです! 蓄光素材なので部屋を暮らすると光るんですよ。でも、増やすと晴美さんに怒られます」

肩身が狭そうな振りをしながらも嬉しそうな正治さん。今までの自分を否定も制限もせずに、晴美さんの視点という「オプション」が増えたと独特な表現で新婚生活を説明する。

要は気楽で面白くて仕方ない、ということだろう。インタビュー後、駅までのわかりやすい一本道まで送ってもらって振り返ると2人は仲良く並んで手を振ってくれていた。

本連載に登場してくださる、ご夫婦のうちどちらかが35歳以上で結婚した「晩婚さん」を募集しております。事実婚や同性婚の方も歓迎いたします。お申込みはこちらのフォームよりお願いします。
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT