長期「ひきこもり経験者同士」が結婚で得た居場所

こうやって唯一の“帰る場所"を作り上げた

ひきこもり経験者同士の出会い、そして結婚生活とは?(イラスト:堀江篤史)

10年以上に及ぶひきこもり生活を終えて、昨年に結婚を果たしたカップルがいる。関東地方で新婚生活を送っている高柳啓介さん(仮名、59歳)と美香さん(仮名、46歳)だ。

ひきこもりといっても軽い意味ではない。啓介さんは3級、美香さんは2級の精神障害者保健福祉手帳を持っている。出会いの場所は就労移行支援事業所だ。

啓介さんが美香さんと出会うまで

現在は1000㏄のバイクを乗り回しているという啓介さんはガッチリとした体格。俳優の村田雄浩に少し似ている。責任感も強く体力に自信があったからなのか、ITエンジニアとして長年働いていた大手メーカーでの過労が原因でうつ病を発症した。

「43歳のときですから社会人としていちばん脂が乗っている時期でした。週3日は会社に泊まり、3日はホテルに宿泊。残った1日で一人暮らしの家に帰って洗濯をまとめてやる、という生活を続けていたのがよくなかったのでしょう。気分がどうしようもなく沈み込むようになり、外に出られなくなってしまいました」

2年ほどは貯金を食いつぶしながら自宅にこもる日々が続いた。両親はすでに他界していて、医師として忙しく働く兄とは疎遠になっていた。

この連載の一覧はこちら

「食料を買いに行くお金も体力もなくなり、最後の頃は水道水だけで生きていました。骨と皮だけのような体になってしまい、もう死ぬしかないと思って身内である兄に別れの電話をかけたのです」

久しぶりの弟からの電話内容に驚いた兄が駆けつけてきて、精神科への緊急入院の手続きをしてくれた。退院後の数年間は兄家族の住む家に居候をさせてもらい、就労移行支援事業所への入所を決めたのは55歳のときだった。

次ページ事業所の諸葛孔明?!
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT