なぜ「上司が命じる組織」は負け続けるのか

米海軍屈指の潜水艦長に聞く、最強組織の作り方(下)

写真提供:US Navy

アメリカでもロングセラー、日本でも発売後すぐに増刷を重ねる勢いで話題となっている『米海軍で屈指の潜水艦艦長による「最強組織」の作り方』の著者に、新しい組織のあり方を聞いた。今回はその続編である(前編はこちらから→「なぜ軍隊なのに、命令なしで勝てるのか」)。

たった1年でリーグトップの成績をあげた野球チーム

情報のあるところに「権限を下ろして」成功した例として、もうひとつ、ある野球チームの話をご紹介しましょう。

2013年、ケンタッキー大学の野球チームの打率は、所属するリーグで最低の記録となりました。2014年に入ってからもひどいスランプから抜け出せずにいて、バッティングコーチのブライアン・グリーンは、選手との接し方を変えようと決意します。

 それまでは、ああしろ、こうしろと選手に命じていたのですが、それをやめて、バッターボックスにたったときにどうするのかを、選手のほうから話すように促したのです。すると選手たちは、ボックスでの構え方やバットの握り方、ピッチャーに応じた自分なりの対処法などをコーチに伝えるようになりました。

 その成果は、ただちに素晴らしいかたちとなって現れました。効果が現れた理由をコーチに尋ねると、ためらうことなく「あの子たちにはわかっていたんです」と答えました。つまり、選手は自分の問題を理解し、その解決策も理解していたのです。

 こうして、彼らがバッターボックスに立っているときに、あれこれ指示するコーチは必要なくなりました。ケンタッキー大学野球チームは、リーグトップの成績で2014年のシーズンを終えました。 

次ページダメな組織の3つの事例
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 就職四季報プラスワン
  • 御社のオタクを紹介してください
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。