五輪強行「デルタ株と脆弱検査」募る日本の大不安

ワクチン接種間に合わないまま流行期とも重なる

一方、欧米は違う。主要先進7カ国(G7)で最も少ないカナダでも人口100万人当たり255人。もっとも多いイギリスは同881人。アジアが「ファクターX」で守られていたことがおわかりいただけるだろう。

問題は、日本をコロナ流行から守ってきた「ファクターX」がデルタ株に対して、効かない可能性が高いことだ。インドでは、今年3~5月の間の1日の感染者数の最高値は、人口100万人当たり284人。これは今冬のドイツの感染者ピーク数(同307人)と同レベルだ。アジアでも欧米並みの感染爆発が起こったことになる。同じような感染爆発が、マレーシアなどインド以外のアジア諸国でも起こっている。日本で大流行を起こしてもおかしくない。

日本の課題は、7月23日に東京五輪が開幕することだ。選手と関係者を含め約9万人が来日し、国内での人の動きも増加する。実は、この時期は、東京五輪がなくても、感染が拡大する可能性が高い。それは、コロナの流行には季節性変動があるからだ。

そもそも風邪コロナは毎年冬と初夏に流行

そもそもコロナは風邪ウイルスだ。その流行は季節の変化と密接に関連する。今回のパンデミック以前から存在する風邪コロナの場合、日本では毎年冬と初夏に流行を繰り返してきた。

新型コロナの場合、昨年、日本では春・夏・冬の3回にわたって流行した。興味深いのは、今春、感染が拡大したのは3月中旬で、昨春の感染拡大時期とぴったり重なることだ。

実は、2020年、2021年の感染拡大の時期が一致するのは、日本だけの現象ではなく、隣国の韓国も同様だ(図参照)。

(外部配信先では図を全部閲覧できない場合があります。その際は東洋経済オンライン内でお読みください)

韓国と日本の流行状況は感染者数のピークの値こそ違えども、流行が始まり、ピークを迎え、そして収束する時期は驚くほど似ている。専門家は、感染者数の増加を「気の緩みによるリバウンド」と言い続けてきたが、私は、そのような主張には賛同できない。むしろ、季節性の変動を反映している可能性が高い。

次ページ例年の季節要因が東京五輪の時期に重なる
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 見過ごされる若者の貧困
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT