コロナ優等生の台湾でなぜ感染が広がったのか

防疫網に穴、これまでの政策が役立たない?

新型コロナウイルスの感染者が急増した台湾。台北市内のビルに入る人たちへの入場規制が始まった(写真・2021 Bloomberg Finance LP)

180人、206人、333人、240人……。これは台湾における2021年5月15日から18日までの新型コロナウイルス感染者数だ。 世界中で新型コロナウイルスの流行が拡大して1年あまり、5月中旬まで台湾は新型コロナウイルス流行前と変わらない日常が続いていたにもかかわらず、台湾ではここにきて感染者が急増している。

前副総統の陳建仁氏は「ウイルスは進化して再来した」と漏らす。ウイルスはゆっくりとそして残酷に台湾が誇る「ゼロコロナ防衛ライン」を突破した。

突破された「コロナ防衛ライン」

5月15日には、台北市と新北市の新型コロナウイルスの警戒レベルが4段階のうち2番目に厳格な「第3級」へと引き上げられた。中央感染症指揮センターは15日を起点とした14日間が感染拡大抑え込みの正念場であると位置づけている。

台湾大学医学部附属病院・救急救命室の石富元医師は2003年のSARS(重症急性呼吸器症候群)を経験したベテラン医師だ。「老兵」となった18年後、再び同じような惨事に見舞われるとは思わなかったことだろう。5月14日を境に台湾において新型コロナウイルスの感染状況は急激に悪化し、180人だった15日の新規感染者は18日には240人にまで増加した。市中感染が広がり、平和な日々は突然失われたのだ。

かつてSARSという戦場に身を置いていた石富元医師の嗅覚は鋭かった。石医師は「実は2〜3週間前から友人にキャンセルできる食事会はできるだけキャンセルするよう勧めていた」と明かす。新型コロナの治療でも最前線に立つ石医師は、患者が自身の行動履歴をすべて話すとは限らないことをよく知っている。

石医師は、今回の感染拡大の発端とも言われる航空会社の職員の感染、職員らが隔離されていたホテルで感染対策が徹底されておらず一般客が来訪できる状態であったこと、そして台湾北東部・宜蘭のゲームセンターでのクラスターなどを例に挙げ「確実にリスクが積み重ねられている」と指摘する。リスクはボールに入れた空気に似ていて、一定量が蓄積すると突然爆発するのだ。

次ページ80代男性から始まったクラスター
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT