加藤官房長官「五輪も他のイベントも同じように」 五輪の特別扱い「わたしは『ない』と思います」

印刷
A
A
東京オリンピック・パラリンピックの感染拡大リスクと人流の抑制……感染状況次第では「無観客」にする可能性もある(写真:FNNプライムオンライン「日曜報道 THE PRIME」より)
この記事の画像を見る(5枚)

東京オリンピック・パラリンピック開催中に、緊急事態宣言の発令レベルにまで感染拡大が進んだ場合、大会をどうするのか。その場合「無観客」にするのか。

FNNプライムオンライン「日曜報道 THE PRIME」(運営:フジテレビ)の提供記事です

6月20日放送のフジテレビ系「日曜報道 THE PRIME」に出演した加藤勝信官房長官に「オリンピックのあり方」を聞いた。

加藤氏は「オリンピックであろうとほかのイベントであろうと、同じように対応していただく、これが基本原則だ」と強調。

番組レギュラーコメンテーター橋下徹氏が、「民間だけを止めながら、オリンピックだけ特別扱いすることはないのか」と追及すると、加藤氏は「基本的に、わたしは『ない』と思う」とキッパリ答えた。

例えば、2021年2月に行われたテニスの全豪オープンは、開催地メルボルンがあるビクトリア州でロックダウン(都市封鎖)が実施されると、一時無観客になり、封鎖解除後に再び有観客に戻す運営を行っている。

オリンピックの感染拡大リスクは大きく3つ

加藤氏は、オリンピックを特別扱いせず、感染状況次第で「無観客」にする可能性に言及した。

以下、番組内での主な発言。

加藤官房長官:オリンピックの場合、(感染拡大リスクは)大きく3つあると思います。

1、国外から入ってくる方のもたらすリスク。
2、観客が入ることによって、その人たちが街に戻って人流に与えるリスク。
3、そういうのを見ていたときに、皆さんの行動にどういう変容に及ぼすか、というリスク。

大きく3つ、専門家の方もそう分けていた。

盛り上がった後の行動の抑制がいちばん難しいと話す加藤官房長官(写真:FNNプライムオンライン「日曜報道 THE PRIME」より)

1番目はかなり抑えられる、ということが出てきた。2つ目は、どういう人数を制限するのか、ということと、その人たちが直帰して家に直接帰ってください、と。Jリーグの場合、6割くらいが直帰している、というデータもありますけど、3つ目が難しいところで、見ていて、盛り上がって、町にわーっと行くことになると、感染拡大につながるおそれがあるということが指摘されています。そこをどういう形で皆さんに理解をしていただくのか。そのためにはどういう意義があって、どういうことにして、どうやったらオリンピックは成功なのか、ということをわたしたちはしっかりと説明していくことが大事だ、と思う。

次ページ国民に抑制を求めるならば無観客にすべきでは?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT