加藤官房長官「五輪も他のイベントも同じように」

五輪の特別扱い「わたしは『ない』と思います」

東京オリンピック・パラリンピックの感染拡大リスクと人流の抑制……感染状況次第では「無観客」にする可能性もある(写真:FNNプライムオンライン「日曜報道 THE PRIME」より)
この記事の画像を見る(5枚)

東京オリンピック・パラリンピック開催中に、緊急事態宣言の発令レベルにまで感染拡大が進んだ場合、大会をどうするのか。その場合「無観客」にするのか。

FNNプライムオンライン「日曜報道 THE PRIME」(運営:フジテレビ)の提供記事です

6月20日放送のフジテレビ系「日曜報道 THE PRIME」に出演した加藤勝信官房長官に「オリンピックのあり方」を聞いた。

加藤氏は「オリンピックであろうとほかのイベントであろうと、同じように対応していただく、これが基本原則だ」と強調。

番組レギュラーコメンテーター橋下徹氏が、「民間だけを止めながら、オリンピックだけ特別扱いすることはないのか」と追及すると、加藤氏は「基本的に、わたしは『ない』と思う」とキッパリ答えた。

例えば、2021年2月に行われたテニスの全豪オープンは、開催地メルボルンがあるビクトリア州でロックダウン(都市封鎖)が実施されると、一時無観客になり、封鎖解除後に再び有観客に戻す運営を行っている。

オリンピックの感染拡大リスクは大きく3つ

加藤氏は、オリンピックを特別扱いせず、感染状況次第で「無観客」にする可能性に言及した。

以下、番組内での主な発言。

加藤官房長官:オリンピックの場合、(感染拡大リスクは)大きく3つあると思います。

1、国外から入ってくる方のもたらすリスク。
2、観客が入ることによって、その人たちが街に戻って人流に与えるリスク。
3、そういうのを見ていたときに、皆さんの行動にどういう変容に及ぼすか、というリスク。

大きく3つ、専門家の方もそう分けていた。

盛り上がった後の行動の抑制がいちばん難しいと話す加藤官房長官(写真:FNNプライムオンライン「日曜報道 THE PRIME」より)

1番目はかなり抑えられる、ということが出てきた。2つ目は、どういう人数を制限するのか、ということと、その人たちが直帰して家に直接帰ってください、と。Jリーグの場合、6割くらいが直帰している、というデータもありますけど、3つ目が難しいところで、見ていて、盛り上がって、町にわーっと行くことになると、感染拡大につながるおそれがあるということが指摘されています。そこをどういう形で皆さんに理解をしていただくのか。そのためにはどういう意義があって、どういうことにして、どうやったらオリンピックは成功なのか、ということをわたしたちはしっかりと説明していくことが大事だ、と思う。

次ページ国民に抑制を求めるならば無観客にすべきでは?
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT