はびこる不誠実対応「学校での事故」の悲痛な実態

「真実を知りたい」と願う当事者たちの闘い

学校行事の卒業旅行中に亡くなった松田伶那さん(写真:松田容子さん提供)
学校の事故で、わが子を亡くしたり、子どもに重い障害が残ったりした場合、当人や保護者らの「その後」はどうなっているのだろうか。前回(「学校行事の大ケガを『自業自得と罵る教員』のなぜ)は、学校側の不誠実な対応によって、精神的にも経済的にも追いつめられた「名古屋市中学校トーチ事件」のケースを紹介した。そんな事例は全国に転がっている。安心して預けたはずの学校でわが子が事故に遭い、その後も長く苦しむ――。こんな事態が放置されていいはずはない。

詳しい説明の場が設けられることを待ち続けた

横浜市の松田容子さん(52)も、学校の対応に傷ついた1人だ。

2013年2月、卒業旅行で長野県を訪れていた小学校6年の長女・伶那(れいな)さん(当時12)を亡くした。伶那さんは、スキー場でそり遊びをしていた際、突然「疲れた」と座り込み、友人が気づいたときには倒れていた。近くの病院に搬送されたときには、すでに心肺停止だった。

松田さんが学校から連絡を受けたのは、当日の午後4時すぎ。夫(52)とともに4時間以上かけて病院へ駆け付けた。その時点で伶那さんは、すでに息を引き取っていたという。

手を握ると、まだ温もりが残り、眠っているようだった。医師から搬送時の様子や処置について説明を聞く。そして、死因を調べるために解剖するかどうかの判断を委ねられたが、夫は「かわいそうだ」と反対。別の病院での対応になることもあり、悩んだ末にあきらめた。

日付が変わるころ、教頭らと面談した。話の最後に「もしご葬儀がお決まりでしたら、お知らせください」と言われた。

「生きていると信じて駆け付けて、いま対面したばかりなのに、葬儀の日にちなんか決まってるわけないじゃないですか」

松田さんは、ぐっと怒りをこらえたという。

葬儀のとき、そして葬儀の数日後、校長や担任教諭らが何度か自宅に足を運んできた。伶那さんの旅行中の様子について話してくれた。ところが、3月中旬の訪問時は、詳しい説明もなく、「また今度」と帰っていく。松田さんは、詳しい説明の場を設けてもらえると期待しながら待ち続けた。

次ページ学校側からは何のアクションもなし
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT