中国新興EV「理想汽車」が直面する厳しい現実

2021年1~3月期の純損益は赤字に転落した

理想汽車は競合他社に比べ伸び悩んでいる(写真は同社ウェブサイトより)

中国の新興EV(電気自動車)メーカーの理想汽車は5月26日、2021年1~3月期の決算を発表した。売上高は35億7500万元(609億円)、純損益は3億6000万元(約62億円)の赤字だった。

同社は直前の2020年10~12月期に四半期ベースで初の1億750万元(約19億円)の黒字を確保しており、今四半期は再び赤字に転落した格好だ。なお、10~12月期の黒字の要因についてCFO(最高財務責任者)の李鉄氏は、2月に開いた決算説明会で「主に短期金融商品への投資によるものだ」と説明していた。

理想汽車が本業の自動車製造だけで収益を上げるのは、まだ難しい状況だ。これは現時点で中国の新興EVメーカーが直面する共通課題となっている。競合他社の2021年1~3月期の業績を見ても、蔚来汽車(NIO)は4億5000万元(約77億円)、小鵬汽車(シャオペン)は7億9000万元(約135億円)の赤字だった。ただし、両社とも直前の2020年10~12月期よりは赤字幅が縮小している。

出荷台数も他社に比べて伸び悩む

また、蔚来汽車の2021年1~3月期の出荷台数は直前の2020年10~12月期と比較して15%増の2万60台、小鵬汽車も同2.9%増の1万3340台だったが、理想汽車は同13%減の1万2579台だった。決算報告書ではその原因を「春節(中国の旧正月)前後の新型コロナウイルスの局地的な感染拡大による影響」と説明している。

本記事は「財新」の提供記事です

蔚来汽車と小鵬汽車はいずれもすでに3モデルを発売しているが、理想汽車は現時点で「理想One」の1モデルだけで勝負している。同社は2022年にSUVタイプの新モデル、2023年にはEVの新モデルを発売する予定だ。

理想汽車の創業者でCEO(最高経営責任者)である李想氏は「自動運転技術はスマートEVにおける最低条件かつ、最重要のシステムである」と語り、アメリカのEV大手のテスラや小鵬汽車に比べて自社の自動運転技術は「まだキャッチアップの段階にある」と認めた。

なお同社の共同創業者の沈亜楠氏によれば、(販売拡大のため)今後は実店舗の展開を加速するという。さらに海外市場を開拓するための調査も進め、そのための専門チームも立ち上げたことを明らかにした。

(財新記者:劉雨錕)
※原文の配信は5月27日

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT