中国新興EV「小鵬汽車」、新型車にLiDAR搭載へ

売上高総利益率がプラス転換、手元資金も潤沢

小鵬汽車は自動運転技術の開発と実装に全力を挙げている。写真は同社のEVセダン「P7」(小鵬汽車のウェブサイトより)

中国の新興EV(電気自動車)メーカーの小鵬汽車(シャオペン)は3月8日、2020年の通期決算を発表した。昨年投入した第2号モデルのEVセダン「P7」の販売好調に牽引され、売上高は58億4400万元(約973億円)と2019年の2.5倍に増加。しかし最終損益は48億9000万元(約814億円)の赤字だった。

決算報告書によれば、2020年の売上高総利益率は4.6%と、前年のマイナス24%から初めてプラスに転じた。中国の新興EVメーカーではニューヨーク証券取引所に上場する小鵬汽車のほか、同じくニューヨークに蔚来汽車(NIO)が、ナスダックに理想汽車(リ・オート)が上場している。アメリカ上場組の3社は2020年の最終損益はいずれも赤字だったものの、売上高総利益率がそろってプラスに転じたことは注目される。

世界の資本市場では最近、走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない「ゼロエミッション車」への投資が加速している。3社はこのチャンスをとらえて増資や借り入れによる資金調達を重ね、決算書上の手元資金は潤沢だ。

とはいえ、販売台数ベースで見た新興EVメーカーの存在感はまだまだ小さい。3社のなかで2020年の販売台数がトップだった蔚来汽車でも、その数はわずか4万3700台だった。

自動運転技術の開発と実装に全力

資本市場の期待と現実のギャップを埋めるべく、新興EVメーカーは自動運転技術の開発と実装に全力を挙げている。

小鵬汽車の董事長(会長に相当)を務める何小鵬氏は決算説明会で、アメリカのテスラの主力EV「モデル3」を競合車に想定しているとされる第3号モデルに、レーザー光を用いた3次元センサー「LiDAR(ライダー)」を搭載すると明らかにした。この新型車は2021年9月末以降にデリバリーを開始する計画だ。

同社は自社開発の自動運転システム「XPILOT」の機能強化も急いでいる。P7に実装されるXPILOTは最新のバージョン3.0にアップデートされ、2021年初から高速道路上での自動運転をサポートしている。

本記事は「財新」の提供記事です

何氏によれば、第3号モデルにはさらに改良を重ねたバージョン3.5を実装し、都市部の幹線道路上での自動運転を可能にするという。また、バージョン4.0の開発スケジュールを前倒しし、2022年に投入するとした。

(財新記者:鄭麗春)
※原文の配信は3月9日

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 若者のための経済学
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT