芸術分野で起こりがち「極端な所得差」生む背景

ほぼ同じ能力でも差が出るスーパースター現象

芸術の世界では所得差が開きやすいといいます。いったいなぜでしょうか(写真:yasu /PIXTA)
そこまで能力に違いがあるとは思えないのに、所得に大きな格差が生じてしまう――世の中ではよく見られる光景です。経済学者の猪木武徳さんは、「とくに芸能・芸術の世界では、ほんのわずかな実力差が極端な所得格差を生む“スーパースター現象”が生じやすい」と言います。猪木武徳さんの新刊『社会思想としてのクラシック音楽』の一部を抜粋・再編集して、その理由を探ります。

「スーパースター現象」とは何か

レコードに始まりYouTubeによる鑑賞に至るまで、再生技術と複製技術は長足の進歩を遂げ、芸術作品の「受け手」の鑑賞スタイルも変化してきた。聴衆が通う大ホールでの演奏会だけでなく、独りで自分の部屋に閉じこもって演奏を楽しむというスタイルも常態化した。

さらに複製技術によって量産体制に入った音楽産業界は、数々の「スーパースター」を生み出し、芸術家の間の所得格差を拡大させたことを経済学の研究は示している。

一部の「スーパースター」と呼ばれる演奏家が、多額の報酬を得、そのほかの芸術家は低所得に苦しむという、所得分配の大きな歪みが一般に指摘されてきた。

例えば抜群の人気を誇る少数の指揮者の演奏会のチケットやCD・DVDは爆発的に売れる。そこまで「能力」の差があるとは思えない他の指揮者の演奏会のチケットやCD・DVDの売れ行きとの間に極端な「格差」が生まれる。

こうした現象を経済学の論理だけで説明するのは簡単ではない。ひとつの有効な回答を与えたのは、経済学者シャーウィン・ローゼンの論文、“The Economics of Superstars”(1981)である。

ローゼンが注目したのは、芸能・芸術の世界のごく少数のアーティストが巨額の所得を稼得しその活動分野を支配するという、現代社会で目立つ「スーパースター現象」である。一部の人たちに「生産」(演奏や上演)が集中し、アーティスト間の所得分配が目立って歪み、トップ層のみが膨大な所得を得ていることだ。

次ページスーパースター現象発生の原因は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT