芸術分野で起こりがち「極端な所得差」生む背景

ほぼ同じ能力でも差が出るスーパースター現象

スーパースター現象を生み出すもうひとつの要因として、ローゼンは、複製技術(再生可能性)を挙げる。

かつて複製技術に頼ることがなく、「実演」のみが演奏芸術の形であった時代には、一人の音楽家や役者がいかに優れていても、その演奏や演技を提供できる機会は限られていた。したがってスーパースター以外でも、それぞれ需要(聴き手や観客)を見つけることができた。

ところが今や、CDやDVDの登場によって音楽が大量に複製可能になり、劇場での演技や演奏は、映画やDVDで置き換えられることが多くなった。“box office appeal” のあるスター性を備えた演奏家の優れた演奏を、廉価で楽しめるようになったのである。

このような場合、最も優れたアーティストは供給の独占者となるわけであるから、自分の演奏(サービス)を低価格で多くの人に提供するのか、高い価格でごく少数の人に売るのかを選択することができる。

popularでなければgoodでない

ちなみに、このスーパースターを生み出すのは供給側の要因だけによるのではない。消費者側の要因も大きい。消費者にはほかの人々が消費するものを自分も消費したいという心理が働くからだ。

『社会思想としてのクラシック音楽』(新潮社)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。

さらに芸術の「消費」は一瞬の行為ではなく、「知れば知るほど、さらに楽しむことができる」という「資本」の形成とも呼ぶべき過程を含む。消費が同時に投資にもなっているのだ。この資本が大きければ大きいほど、それぞれの消費者が贔屓の芸術家から得る喜びは大きくなる。

芸術に接する機会が増えるにつれ、同好の友人知人とその芸術について語り合うことによって、あるいは新聞や批評誌などを読むことによって、この消費における「資本」要素は大きくなる。かくして、有名な演奏家の演奏はますます人気を呼ぶようになる。

実は、この勢いは恐ろしいほどの力でもって音楽産業を席巻し、スーパースターを生み出す一方、力ある他の多くの地味な芸術家を表舞台から追いやってしまうことがある。つまり、「popularでなければ goodでない」という人気第一主義が芸術の世界を支配することになるのだ。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT