アメリカの物価上昇がこのまま続くはずがない訳

米中経済摩擦の影響は顕著には表れていない

問題は、アメリカのインフレが、経済回復によって生じた一時的な現象なのか、それとも、持続的なトレンドの始まりなのかだ。

物価を高める構造的要因として考えられるのは、米中経済摩擦だ。

アメリカが中国からの輸入品に課した制裁関税は、アメリカの企業が利益減という形で負担したか、あるいはアメリカ国内での販売価格に転嫁されて消費者が負担したはずだ。

そこで、アメリカの消費者物価指数について、コロナ前の長期的な趨勢をみると、2014、15、16年あたりで伸び率は低下したが、おおむね一様に伸びている。つまり、米中間の関税引上げが開始された2018年以降に高まったということはない。

このように、米中摩擦の影響は、消費者物価には顕著には表れていない。制裁関税は、企業が負担した可能性が強い。

もちろん、今後、米中経済摩擦が激化し、その影響が消費者に及ぶことはありうる。

米中経済摩擦は、すでに世界的なサプライチェーンをかなり破壊している。半導体不足も、単なる需給逼迫でなく、アメリカの制裁措置による面がある。

構造的な要因としていま1つ考えられるのは、賃金の伸びが加速することだ。

こうした問題が顕在化するか否かを、注視する必要がある。

他国への影響は限定的

欧州でも物価が上昇しているが、4月の上昇率は、イギリスで1.6%、ドイツで2%、フランスで1.2%、イタリアで1.1%などと、アメリカより低い。

日本の消費者物価指数の対前年同月比は、12月にマイナス1%まで下がった後、伸び率が高まっているが、3月も4月も、まだ前年同月比0.1%の下落だ。

このように、消費者物価上昇率の高まりは、少なくとも先進国でいえば、基本的には、アメリカに限定された問題だ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT