高校生からのゲーム理論 松井彰彦著

高校生からのゲーム理論 松井彰彦著

「人と人とのつながりに根ざした学問」であるゲーム理論が、社会科学を塗り替えつつある。経済問題ばかりでなく、三国志、恋愛、いじめなど、幅広いトピックスを取り上げ、気鋭の研究者がゲーム理論への理解を促す。

たとえば、サッカーのPK合戦。研究上手の相手とは「自分の苦手の方向へ蹴れ」が成功の確率を高める原則となるが、滅多にPKを蹴らない選手でも成功率40%と計算できるようだ。また、「囚人のジレンマ」と呼ばれるゲームによって、解決の方策の難しさが説明されるのは環境問題。資源開発競争でも同じような分析ができるという。

知ること、学ぶことによる「わくわく感を伝染(うつ)したい」という意図も込めた入門書。

ちくまプリマー新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 就職四季報プラスワン
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。