高校生からのゲーム理論 松井彰彦著

高校生からのゲーム理論 松井彰彦著

「人と人とのつながりに根ざした学問」であるゲーム理論が、社会科学を塗り替えつつある。経済問題ばかりでなく、三国志、恋愛、いじめなど、幅広いトピックスを取り上げ、気鋭の研究者がゲーム理論への理解を促す。

たとえば、サッカーのPK合戦。研究上手の相手とは「自分の苦手の方向へ蹴れ」が成功の確率を高める原則となるが、滅多にPKを蹴らない選手でも成功率40%と計算できるようだ。また、「囚人のジレンマ」と呼ばれるゲームによって、解決の方策の難しさが説明されるのは環境問題。資源開発競争でも同じような分析ができるという。

知ること、学ぶことによる「わくわく感を伝染(うつ)したい」という意図も込めた入門書。

ちくまプリマー新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT