米国が「コロナ耐性ランキング」で日本逆転の真因

米の有事対応「ワープスピード」と何が違うのか

ようやく日本もワクチン接種が軌道に乗ってきた。だがわが国の「コロナ耐性世界ランキング」は急落。一方でアメリカは日本を抜いて浮上した。結局のところ、何が根本的に違うのだろうか(写真:アフロ)

アメリカのブルームバーグ社が行っている「Covidレジリエンス(耐性)ランキング」という企画がある。これは世界各国で、どの国がコロナ対策に成功しているか、毎月の症例数や死亡率、検査陽性率やワクチンの接種人口などを指数化してランキングにしているものだ。

「コロナ耐性ランキング」で日本は米国に抜かれ14位

この連載は競馬をこよなく愛するエコノミスト3人による持ち回り連載です(最終ページには競馬の予想が載っています)。記事の一覧はこちら

4月調査では、日本は世界第7位と健闘していた 。いや、真面目な話、この国の現状は「さざ波」と呼ぶとさすがに語弊があるが、世界的に見ればそれほど悪くはない。なにしろ全世界で300万人以上が死亡しているなかで、1億2500万人もいる国(世界の人口の1%以上!)としては、現時点の死者数約1万3000人は、少なくとも国民の立場からすれば一定の評価があってもおかしくはない。

ところが5月調査では、いきなり14位に落ちた 。変異種による感染も広がったが、何よりワクチン接種の出遅れが響いている。逆にアメリカがランクを上げて、日本の1つ上の13位につけている。人口100万人当たり1782人もの死者を出しているとはいえ、ワクチン接種人口が44.5%もあるのだからたいしたものだ。

これまではニュージーランドや台湾のように、うまくコロナを封じ込めている国が評価されてきた。しかしその場合、国民の危機意識は薄れるので、ワクチン接種ではどうしても後れを取る。かつての優等生・台湾もここへきて感染が急拡大し、5月は一気に5位から15位に転落した。やはりワクチン接種こそが「ゲームチェンジャー」であって、新型コロナ対策の手法が変化しているようだ。

そこで問題のワクチンなのだが、わずか1年で開発成功から生産、接種にこぎつけたアメリカは、久々に「本気になった超大国」の凄みを見せつけた。昨年5月15日、当時のドナルド・トランプ大統領は「オペレーション・ワープ・スピード」(OWS)に着手した。SFドラマ『スター・トレック』に登場する超光速航法の名を取って、「ワープの速さでワクチンを開発するぞ!」というプロジェクトを開始したのである。

次ページワープの速さで開発「OWS」の中身とは? 
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT