精神科医が解説する大坂なおみ「うつ告白」の勇気

突発的な行動や発言が出るときの脳の状態

大坂なおみ選手(写真:新華社/アフロ)

大坂なおみ選手が全仏オープンの棄権をSNSで表明した中で、2018年の全米オープン以来「うつ(原文:bouts of depression)」に悩まされていることを告白した投稿が、波紋を広げています。

試合後の「記者会見ボイコット」をはじめとする、大坂選手の突発的な行動や発言を、どのように捉えればいいのでしょうか。『精神科医が教える 病気を治す 感情コントロール術』の著者である精神科医の樺沢紫苑氏が解説します。

「闘う」か「逃げる」どちらかの反応だけに

大坂選手とは、お会いしたことも診察したこともありませんので、今回の話は、精神医学の一般論としてお伝えします。以下、お伝えする精神医学的な知識、人間の「感情コントロール」の仕組みを知っていると、みなさんの日常生活の感情コントロールにも役立つはずです。

記者会見ボイコットと批判的ツイートのニュースを見たとき、大坂選手が「うつ」であることは明かされていませんでしたが、精神的に非常に疲れた状態にあることはわかりました。それは、大坂選手の言動に「他責(他人を責める)」傾向が認められたからです。

普段は人の悪口を言わない人が、突然、他人を強く責めたりするのは、強い「不安」を抱え、追い詰められた状態にあることを示しているからです。強いストレスを抱え、不安が強まると、脳の「危険の警報装置」である「扁桃体」という部分が興奮します。

「扁桃体」が興奮すると、脳内物質ノルアドレナリンが分泌し、「不安」感情とともに「闘う」か「逃げる」か、どちらかの反応しかとれなくなります。

「闘う」というのは、「他責」傾向を示す。攻撃的になる。他人を責める、批判するといった行動です。例えば、うつ病の患者さんが病初期に、会社や上司を責めるということはよくあります。

次ページ大脳皮質のコントロールが利かなくなると…
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT