9割の日本人が驚愕「これがアフリカなのか!」

新幹線、テックベンチャー、巨大プロジェクト…

例えば、モバイルマネー。ケニアでは、ケータイにチャージした通話料が、通貨のようにやりとりできます。これは「M-PESA」というサービスで、チャージした金額を送金できますし、ほとんどの店で支払いに利用できます。

さらにそれで預金もできるし、ローンも組めます。現金を使う必要がない。その年間の取引総額は4兆〜5兆円規模で、ケニアのGDPの半分弱にあたる規模です。

ナイジェリアでは、「西アフリカにドバイを造る」という壮大なプロジェクトが進行しています。首都に隣接した、東京の千代田区ほどの広さ(約1000ha)の遠浅の海が埋め立てられ、経済特区として無税・無関税となっています。今後、住宅やオフィス、ホテルやショッピングセンターなどが造られる計画です。

すでに第1期の埋め立ては終わっており、上物は1割程度が完成しています。埋め立ての造成予算は日本円で約2000億円。この巨大プロジェクトに日本企業はまったく関わっていません。本当に残念です。

中国人は100万人、日本人は7500人

アフリカといえば、中国が経済的にも政治的にも、多くの国に深く食い込んでいることをご存じの方も多いと思います。実際、そのとおりです。正確な統計はありませんが、約100万人もの中国人が、アフリカにいると言われています。日本人は約7500人(新型コロナ流行前、外務省統計)です。

しかし、中国の投資はエネルギーやインフラが中心で、日本にもまだまだたくさんのチャンスがあります。それをぜひ知ってもらいたい、と思っています。

アフリカ人は、日本とは歴史的なわだかまりがまったくありませんから、日本人をとてもウェルカムしてくれます。一貫してJICAやODAで支援をしてきており、一定のプレゼンスはあります。

さらにトヨタのような、いい商品としての認識や、ハイテクな国というイメージもあります。ただ、彼らは日本人にはほとんど会ったことがない。

日本人の側も、きちんと起きていることを知れば、アフリカのイメージがきっと一変します。アフリカは、かつて日本や中国、インドが歩んできた道を、加速度をつけて突き進んでいるのです。最先端のテックビジネスが社会実装され、近未来のビジネス地図がまさに今、書き換えられようとしています。本当のアフリカの姿を知ってほしいのです。

●問題の解答
問1 「ナイロビ新幹線」のナイロビ─モンバサ間の距離は?
③470㎞(東京─京都相当)
問2 ケニアの普通のOLが髪にかける費用は日本円でいくら?
③月額5000円~1万円
問3 ナイジェリア最大級の開発プロジェクトの規模は?
③東京都千代田区のサイズの土地を埋め立てて創出(約1000ha)
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 財新
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT