ギャンブル産業は舞台裏もエキサイティング

巨大カジノの表と裏を描いたドラマで非日常を体感

治安と客の安全を守る監視チーム

ラスベガスのメインストリート、通称「ラスベガス・ストリップ」に林立する大型リゾートホテル。その一画でひと際、目立つ「モンテシート」の巨大カジノは日夜、大勢の観光客でにぎわっている。大金が動くカジノの治安と客の安全を守っているのは、至る所に設置されている監視カメラを別室でモニタリングしている、保安監視チームの存在だ。

ホテルの副社長兼チームの責任者は、元CIAのエド・ディラン(ジェームズ・カーン)。その右腕とも言うべきダニー・マッコイ(ジョシュ・デュアメル)は、元海兵隊なので身体能力は抜群。甘いルックスに女好きなのが玉に傷だが、生粋のべガスっ子なので、ホテル職員からバーに陣取る娼婦まで、皆が顔見知りや古い付き合いの友人知人だったりする。腕っ節も強いから、トラブルの解決には最適の要員だ。

何十ものモニターを常時監視しながら、イカサマ師たちの詐欺行為や大金を手にした客、資産家の顧客の見張りや管理からセレブの警護、自殺志願者の救出まで、ありとあらゆるトラブルに対処していく。

豪華できらびやかな、ホテルの”非日常”が楽しい。映画『オーシャンズ11』にも登場した噴水ショーで有名なベラージオホテルから、ピラミッド&スフィンクスやニューヨーク、ベネチア、パリなど各都市をモチーフにしたものなど、ネオンがこうこうと輝くラスベガスの目抜き通りの風景で始まる冒頭からして、アップテンポなテーマ曲と共に毎回、テンションを上げてくれる。

マンダレイ・ベイ ホテルの巨大カジノをセットで再現

舞台となるモンテシートは架空のホテルだが、丸々セットに再現されたという巨大カジノは、マンダレイ・ベイ ホテルのカジノを模したものだという。ズラリと並んだスロットマシンにルーレット、ブラックジャックやポーカー、クラップス(2個のサイコロを使ったゲーム)に人々が興じる光景は壮観で、ドレスアップした人々はもちろんのこと、夏なら人工ビーチに出入りするビキニ姿で歩き回る女性たちも目を引く。この24時間が狂乱のパーティといった喧騒が、『ラスベガス』の日常なのだ。

ダニー(左)とエド(右)

監視チームは、このカジノを中心にホテル内を映し出す、何十ものモニターが一面に並んだ監視ルームで目を光らせ、次々とトラブルの芽を見つけていく。たとえば、第1話の冒頭では、モニターを見ながら監視員たちが矢継ぎ早にエドに気になる案件を報告していく。

「6番(モニターのナンバー)、イカサマの匂いがします」

「24番、うさぎのスリッパのホームレスが来ています。生活保護の小切手をチップに換えました」

「エレベーターにまた露出女。お相手はカウボーイ」

「(結婚30周年を祝いに来た)ジョンソン夫妻が到着しました」

ネッサ(左)とエド(右)

それぞれに対処をダニーらに指示しながら、同時にエドはモンテシートの専用機でべガスまで来たのに、こつ然と姿を消した“クジラ”の捜索をダニーに命じる。クジラとは、カジノで大金を賭ける超VIPのこと。クジラを接待してカジノで大金を使わせることは、ホテルにとっては最重要事項なので、クジラを逃す(競合他社に持って行かれる)とクビにもなりかねない。よって、クジラの捜索は最優先の案件なのだ。

MIT卒のマイク(左)

直後、ダニーは大急ぎで行動開始。カジノへ向かいゲーム台を管理する、ディーラーとしての腕前も一流のネッサ、VIP対応の腕を買われて引き抜かれてきたサム、ホテルのイベントを取り仕切るダニーの幼なじみのメアリー、マサチューセッツ工科大学(MIT)卒で工学修士を持つコンピュータのエキスパートだが、駐車係として高額のチップを得ているマイクらの協力を得て、監視チームはトラブルを解決していく。

VIP対応のサム(左)とダニー(右)

1回のエピソードで、これらの案件が並行して描かれるのだから目が回るが、息着く暇もないスピード感が本作の大きな魅力となっている。

それにしても、ギャンブルの裏事情とはなかなかに興味深い。前述のイカサマ疑惑は、外部に協力者がいることがわかるのだが、ほかのエピソードでは詐欺師の育成所も登場。MITなどの学生や卒業生で構成されたチームによる、実際に起きたブラックジャックのカードカウンティング事件を題材とした映画『ラスベガス をブッつぶせ!』(2008年)でも描かれているが、イカサマにはありとあらゆる方法があるらしい。

次ページギャンブルの光と影
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT