育休を4年取ったあなたは、ほぼ新人です!

あなたが決めた道、覚悟を持って復帰しなさい!

4年の間に人も入れ替わっているでしょうし、ご無沙汰しすぎて気まずいこともあるかもしれないけれど、少しでも「彼女が戻ってくる」「楽しみだね」と思ってもらえていれば、居心地が断然違ってくると思いますよ。私自身も「仕事人としての自分」を取り戻そうとメンテナンスを頑張るメンバーには、やっぱりいろいろ世話を焼いた記憶がありますから。

ここまで準備できればきっと、気持ちが随分楽になり、復帰も楽しみになるはずです。そこから先は、少しでも早く「仕事人として」のあなたと「人間力の上がった」あなたのハイブリットで、懸命にいい仕事をするだけです。

まっすぐ行かなかったことで、開ける道もある

私の先輩で、今やグローバル企業の経営陣の方がいます。その方がよく「3度の研修より1度の異動、3度の異動より1度の転職」と言っていました。その頃は私も若くて、キャリアを直線的にしか考えられていなかったのだと思います。まっすぐ1本ある道をどんどん行く、誰かより早く行く、ということだけでなく、まったく違う道を選ぶことで、これまでの自分と違う新しい自分を見つけることもある。

新しい道を選ぶことは、本当に怖くてたまらないことだけれど、経験のバリエーションが、その後の選択に自信を与えてくれるんだ、と教えてくれたのだと思います。

4年ぶりの職場復帰はとても怖いことだと思います。でも自分のした選択を信じて、しっかり復帰してほしいなと思います。くれぐれも復帰をあきらめて退職なんてしてはいけませんよ。後輩の道を閉ざすことにもなってしまう。転職したんだ、くらいの気持ちで臨めれば、何もかも新しく始められるはずです。戻る場所がある幸せに感謝しながら、ワーキングマザーを楽しんでみてくださいね。新しいあなたの可能性が待っていると思います。応援しています!

※読者の皆様からのお悩み、ご相談を募集します。こちらのアドレス(onna-sodan@toyokeizai.co.jp)まで、年齢、ご職業等を記載のうえお寄せください。掲載は匿名といたします。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 離婚親の選択
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現地ルポ<br>アメリカ・若者たちの反乱

Z世代、ミレニアル層と呼ばれる米国の若者が大きく揺れている。従来の保守、リベラルの枠組みを超えて右と左に分裂、新しい政治運動を推し進めている。彼らの受け皿となっている新・社会主義、リバタリアニズムの現場をリポート。

  • 新刊
  • ランキング