「1年で東大受かる人」が行う無駄な時間削るコツ

タスクの「作業量」と「締め切り」を可視化する

短期間の勉強で東大に合格する人たちがやっているノウハウを伝授します(写真:Fast&Slow/PIXTA)
東京大学への合格が難しいと言われる理由は、入試科目が多く、かつ高得点を求められるという点にあります。当然、勉強量は非常に多くなるわけですが、では時間を無駄にせずに効率よく学ぶためにはどうすればよいのでしょうか。家族の看護や家計を助けるためアルバイトをしながら、東大に合格した経験を持つ布施川天馬氏(『東大式時間術』を7月刊行予定)が、その方法を解説します。

わずか1年の勉強で東大に合格する人はいる

現在、日曜劇場「ドラゴン桜」が話題沸騰中で、「東大受験」というものに対する認知度が向上していますね。あのドラマでは偏差値30台の生徒が東大に1年で合格する、という内容なわけですが、はたして本当に、東大に1年間で合格できるのでしょうか。

いちばんのネックになるのは、やはり時間の問題ですよね。東大に合格するためには、膨大な量のタスクを処理しなければなりません。

東大はほかの大学と比べても格段にやることが多いです。共通テストでは文系が5教科8科目(もしくは6教科8科目)、理系が5教科7科目の受験が必須で、二次試験では文系、理系とも4教科5科目が必要になります。

ですが、実は「1年がっつり勉強して東大に合格した」と語る人は少なからずいます。すごい人だと「夏に部活が終わって、秋から勉強を始めて東大に合格した」「部活ざんまいだったから夏までは勉強していなかった」という東大生もいます。ちなみに僕は、家が貧乏だったので週3日アルバイトをしながら、一浪して東大に合格しました。

東大生は、時間の問題を自分でなんとかして合格をつかんでいる人が多いのです。今日は、僕やほかの東大生がやっていた時間術についてお話ししようと思います。

次ページ東大生は「マトリックス」で考える
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT