ヴェゼル対ヤリスクロス新型コンパクトSUV対決

先進性のホンダか、堅実な作りのトヨタか?

ヴェゼルe:HEV Z(FF)アーバンスタイルの外観(写真:ホンダ)

最後に価格を比較してみよう。まず、ヴェゼルの価格(税込)はガソリン車が227万9200円~249万9200円、ハイブリッド車が265万8700円~329万8900円。対するヤリスクロスの価格(税込)は、ガソリン車が179万8000円~244万1000円、ハイブリッド車は228万4000円~281万5000円だ。

ヤリスクロスの方が、全体的に安い価格帯に設定されている。この点も人気が高い要因だといえるが、注意したいのは前述のとおり、ガソリン車のエントリーグレードであるX“Bパッケージ”には、安全装備のトヨタセーフティセンスが搭載されていないことだ。対してヴェゼルでは、同様の安全装備ホンダセンシングが全車に標準装備されている。

また、例えば内装でもヤリスクロスのシフトレバーは、オーソドックスで見慣れた形状のレバー式を採用するし、ダッシュボードなどは極めてシンプルだ。一方、ヴェゼルの内装も基本的にはシンプルではあるが、シフトレバーにカバーを装備したり、e:HEVプレイのシフトパネルに加飾を施したり、内装の質感はヤリスクロスより高い。また、シフトレバー奧にはスマートフォンを置くだけで充電できるワイヤレス充電器(e:HEVプレイに標準装備、他グレードはオプション)を採用するなど、近年のユーザーニーズに応じた最新装備も用意されている。

装備も含めて比較したい2台の価格

つまり、両車の装備を考慮すると、単純に価格だけで比較はできないのだ。ヤリスクロスは、内装などを必要最小限の装備に留めることでコストダウンを行い、そのぶん走行性能や機能性などを充実させつつ、価格をリーズナブルにしたモデルを用意しているわけだ。一方のヴェゼルは、ホンダの基軸SUVとして、最新ハイブリッドシステムのe:HEVをはじめとする、数々の最新技術を投入した充実装備が魅力だ。激化するコンパクトSUV市場において、ヴェゼルの個性が先代同様に大きな支持を受け、好調なヤリスクロスの牙城を崩すことができるのか、今後の動向に注視したい。

関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT