ヴェゼル納車は2022年?!「納期遅れ」頻発の訳

ジムニーにハリアー…納期遅延はなぜ起こる

ヴェゼルの中でも納期が長い最上級グレードの「e:HEV PLaY」(写真:本田技研工業)
この記事の画像を見る(25枚)

コロナ禍の影響もあり、最近は新型車の投入も停滞気味だが、2021年4月22日に発表(納車などを伴う発売は23日)されたコンパクトSUV、新型ホンダ「ヴェゼル」が注目されている。

昨今は、外観のカッコよさと実用性をあわせ持つSUVが人気のカテゴリーになり、なおかつ安全装備の充実などによってクルマの価格が高まったから、比較的安価なコンパクトカーも好調だ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

つまり、コンパクトSUVのヴェゼルは、売れ行きを伸ばす2つの要素を兼ね備えているモデルといえる。

実際に販売も好調のようで、ホンダの販売店にヴェゼルの納期を尋ねてみたところ、「5月上旬に契約しても、大半のグレードは納車が9月になる。最上級の『e:HEV PLaY』は来年(2022年)の2月から3月になる」と返答され、驚いた。1年近く待たされるのだ。

正式発表前から納期は半年以上だった

先の販売店に納期が来年になる理由を尋ねると、以下のようにコメントした。

「e:HEV PLaYにはパノラマルーフ(ガラスルーフ)が装着され、外装色はすべてPLaY専用の2トーンカラーになる。シート生地や高触感バーミリオン塗装のインパネ加飾もPLaY専用だ。そのために生産規模は限られるが、多くの注文が集まったから、納期が1年近くに達した。半導体の不足も影響している」

2トーンルーフやオレンジのアクセントカラーは「e:HEV PLaY」専用装備(写真:本田技研工業)

なお、新型ヴェゼルは2021年2月18日に世界初公開となり、販売店では3月5日に価格を明らかにして予約受注を開始している。メーカーに注文を入れられるようになったのは、3月11日だ。

つまり、ホンダ車ユーザーには早い時期から新型ヴェゼルの情報が伝えられ、実質的に3月上旬から販売していたことになる。そのため、正式発表される前の4月中旬時点で、販売店からは「PLaYの納期は年末になりそうだ」という話が聞かれた。この後、4月22日に正式発表されると、納期が2022年2月以降にまで伸びたわけだ。

さらに「納期が短縮される見込みはないのか」と尋ねると「PLaYに使われる専用パーツの供給体制を考えると増産は難しい。むしろ、今後は納期がさらに延びる可能性がある」という。

ホンダ車以外のユーザーに価格が伝えられたのは、正式発表された4月22日が初めてだったわけだが、このときすでにPLaYの納期は2022年2月にズレ込んでいたことになる。発表日に問い合わせたユーザーは驚いただろうし、これでは顧客満足度を下げてしまう。

次ページ「本当にほしいお客様には行きわたらない」
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
なぜAmazonの会議ではパワポがNGなのか?
なぜAmazonの会議ではパワポがNGなのか?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT