新型「ハリアー購入者」に見るトヨタSUV戦略

フルラインナップですべての競合に勝つ盤石さ

2020年6月に発売された新型ハリアー。価格は299万~504万円(写真:トヨタ自動車)

1997年の登場以来、国産高級クロスオーバーSUV、都市型高級SUVとして市場をリードし続けてきたトヨタ「ハリアー」。2020年6月のフルモデルチェンジで4代目となり、販売は絶好調だ。

この新型ハリアーの発売から10カ月が経過し、インテージが毎月約70万人から回答を集める、自動車に関する調査「Car-kit®」にも購入者データが蓄積されてきた。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

そこで、購入者の属性や購入時の重視点から、購入者像を分析してみたい。

分析対象は、実質的な兄弟車である「RAV4」、スバル「フォレスター」、マツダ「CX-5」、そしてレクサス「NX」とした。購入時の比較環境や昨今のトレンドの影響を揃えるため、現行RAV4の発売タイミングに合わせて、分析対象者はすべて2019年4月以降の購入者とする。

<分析対象数>
■トヨタ ハリアー:615名
■トヨタ RAV4:916名
■スバル フォレスター:435名
■マツダ CX-5:375名
■レクサス NX:148名
※いずれも分析対象は新車購入者のみとする。

ハリアー最大のライバルはRAV4

まずは分析対象5車種のユーザーの性別・年代構成を見てみよう。以前、分析した初代ホンダ「ヴェゼル」と同様に、男性が多数派となっている。SUVは全般的に男性が多い。

次に、購入時の検討状況を明らかにするために、最後まで悩み比較したクルマ「最終比較検討車」を見ていく。まず見えてくるのは、ハリアーとRAV4の双方が、お互いを最大のライバルとしていることだ。では、ハリアー、RAV4を悩んだ人たちは、何が決め手となって車種を決定したのだろうか。

先の性別・年代の構成で、両車に顕著な違いは見られなかった。詳細は割愛するが、ライフステージの差異もほとんどないため、属性による違いは考えづらい。クルマの使い方やクルマに求めるものの違いが影響したと考えるのが自然である。

フォレスターとCX-5の最終比較検討車はともにRAV4がトップであるが、フォレスターの比較検討車にハリアーはランクインしていない。また、NXの比較検討車の上位にはレクサス車が入り、ハリアーがRAV4を上回る結果となっている。こういった特徴は、それぞれの車種に抱くイメージから頷ける結果であろう。

次ページ車種ごとの個性が際立つ購入時の「重視点」
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT