「新型ハリアー」全5グレード買うならどれか

299万~504万円と大きな価格差の違いは何か

新型「ハリアー」は6月17日に発売。価格は299万円~504万円(写真:トヨタ自動車)

クロスオーバーSUVのジャンルに高級車のテイストを盛り込み、大ヒット車種となったトヨタ「ハリアー」。現在ではスーパーカーメーカーや超高級車メーカーもクロスオーバーSUVを生産、販売するようになったことからも、そのジャンルでの先駆者であることは疑いようもない。

そんなハリアーが、今年の6月にフルモデルチェンジを果たし、4世代目へと進化した。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

高級クロスオーバーSUVの名にふさわしいクオリティを持ち合わせながら、299万円からという手頃な価格も魅力的なモデルだ。

しかし、その一方で最も高価なモデルは504万円と、同一車種ながら価格差は大きい。では、ハリアーを購入するなら、どのグレードがベストバイなのだろうか。

ターボは廃止に。ハイブリッドの2WD登場がトピック

先代型では2.0リッターのガソリンエンジン2種類(自然吸気、ターボ)と2.5リッターのハイブリッドという3種類のパワートレインを持っていたが、新型では2.0リッターターボが廃止され、2リッターガソリンと2.5リッターハイブリッドの2種類となった。

どちらも排気量こそ不変だが、新世代のダイナミックフォースエンジンへと進化を果たしており、出力が向上。先代よりも軽量となったボディと相まって、走行性能は大きく向上している。

基本構造は新たにTNGAプラットフォーム(GA-K)を採用(トヨタ自動車)

駆動方式は、FF(前輪駆動)と4WDがあるが、先代モデルでは電気式4WDの「E-Four」のみだったハイブリッドに2WDモデルが追加されたのは、大きなトピックだ。

その結果、最もベーシックなハイブリッドモデルの価格は26万円ほど下がり、「ハイブリッドは気になるけど4WDは不要」と考える都市部のユーザーにとって、買いやすくなったと言えるだろう。

グレード展開は、先代のややわかりにくかった「エレガンス」や「プログレス」といった名称から、ほかのトヨタ車に準じたアルファベットのものへと変更された。

最もベーシックな「S」から始まり、必要な装備が充実した「G」、そして上級グレードとなる「Z」という3グレードが基本となり、GとZには本革シートが備わる「Leather Package」が用意され、全部で5グレード展開となる。

S、G、Z、それぞれにガソリンとハイブリッド、そして2WDと4WDが用意されるので、20通りの中から選択することになるわけだ。なお、ガソリンとハイブリッドの価格差は2WDで59万円、4WDで61万円、2WDと4WDの価格差はガソリンで20万円、ハイブリッドで22万円となっている。

次ページ300万円を切る価格は魅力だが…
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT