ダイハツ「タフト」実際買うならどのグレードか

装備に加え「スタイルパック」も選択の要に

2020年6月に発売した「タフト」。価格は135万3000円~173万2500円(写真:ダイハツ)

メーカー、車格を問わず人気を維持し続けているクロスオーバーSUV。しかし、軽自動車というくくりで見ると、今まではスズキ「ハスラー」くらいしか選択肢がなかった。そこへ、満を持してダイハツが投入したのが「タフト」である。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

メーカーとしては、ハスラーを直接的なライバルとは考えていないというが、購入するユーザーにしてみれば、待ちに待ったハスラーの対抗馬であることは、間違いない。

タフトという名前こそ1970年代に存在した小型クロスカントリー車と同様だが、名前以外の関連性はまったくなく、スーパーハイトワゴンの「タント」に続いて、DNGAプラットフォームを採用した2車種目の軽自動車となる。

ライバルにない「大型ガラスルーフ」を全車に装備

タフトの特徴的な装備は、前席上に備わる大型ガラスルーフの「スカイフィールトップ」だ。これはグレードを問わず標準装備となるもので、開閉こそしないものの開放感は抜群。アクティブに使うユーザーの多いクロスオーバーSUVとは、親和性の高い装備と言える。ハスラーにはオプションでも装備できないアイテムだ。

「スカイフィールトップ」により開放感のある室内(写真:ダイハツ)

また、後部座席は荷室スペースとして活用することを想定して作られており、リアシートを倒すと完全にフラットな空間が生まれるほか、取り外しも可能なフレキブルボードがラゲージルームに標準装備され、荷室をアレンジして使うことができるようになっている。

もちろん、乗用車であるから、リアシート自体の形状や座り心地も十分なものが備わっているが、1~2名乗車で使われることが多い軽自動車のキャラクターを逆手に取ったアイデアが盛り込まれた形だ。

メカニズム面では、ダイハツ車として初めて、全グレードに電動パーキングブレーキが採用されたことがトピックだ。

これによりブレーキホールド機能が備わって、渋滞中にブレーキペダルを踏み続ける必要がなくなるだけでなく、一部グレードに備わるACC(アダプティブクルーズコントロール)使用時に停止保持もしてくれるようになった。ライバルのハスラーは足踏み式サイドブレーキとなっているため、タフトが一歩リードしていることになる。

次ページ3種類あるグレードはどう選ぶ?
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • コロナ後を生き抜く
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT