日産の内田社長は、本当に「クルマ好き」なのか

過去のトップはクルマの話が少なかったが・・・

新型EV「アリア」のオンライン発表会に登壇する内田誠社長兼CEO(右)(写真:日産自動車)

先日、発表された日産自動車の2020年第1四半期決算は、売上高が前年同期比で半減になるなど、非常に厳しい内容となった。しかし、それはいわば織り込み済みのことであり、2019年12月に就任した内田誠社長兼CEOは、すでに日産の復活に向けての歩みを始めている。

5月28日に発表された新たな事業計画「NISSAN NEXT」では“From A to Z”と題された動画が公開され、18カ月以内に新車種12モデルを投入すると発表された。その皮切りとなるのが、7月15日に発表された新型EV「アリア」である。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

時節柄、その発表はオンラインで行われたが、実はその後、こちらもやはりオンラインで一部メディアとジャーナリストに向けた内田社長兼CEO、そして星野朝子執行役副社長のグループインタビューが行われ、そこに筆者も参加していた。

その終了5分前。事前に「アリアに関するもの以外の質問はしないでください」と要請されていたのをわかっていながら、筆者はZoomの手を挙げるボタンを押し、最後の質問に滑り込み、こう聞いた。

「ズバリ、内田さんはクルマを愛してらっしゃるんでしょうか?」

筆者が直球質問をぶつけた理由

もちろん、前後の脈略もなく唐突にそんな質問をしたわけではない。実はそれに先立つアリアのオンラインプレゼンテーションにおいて、内田CEOは「クルマを愛する皆さんのココロを理解しているのが日産の強みだ」と話していた。

それを受けて筆者は、少々意地の悪い質問かもしれないと思いながら、ご自身はいったいどうなのかを教えていただきたいと考えたのだ。だってそうだろう。ご自身がクルマ好きじゃない限り「日産はクルマ好きの心を理解している」なんて言えないはずなのだから。

改めて引き合いに出すまでもなく、トヨタ自動車の豊田章男社長は、自らをカーガイだと言って憚らない。特にレース・ラリーへの積極的な参戦ぶりを見れば、それはポーズなどではないことが、すぐにわかる。では、内田氏はどうなのか。

同じように走り好きなのか、それとも長距離ドライブを愛しているのか、はたまた道具としての便利さ、実用性に惹かれているのか、それとももしかしたら自動車ビジネスを愛しているのか……。

意を決した質問だったが、回答は次のように嬉しいものだった。正直、かなり意外だったと言ってもいい。

次ページクルマは自分のアイデンティティ
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT