ヴェゼル納車は2022年?!「納期遅れ」頻発の訳

ジムニーにハリアー…納期遅延はなぜ起こる

この記事の画像を見る(25枚)

ジムニーとシエラについて、メーカーは需要を過小評価していた。2018年に発売されたときの国内販売目標は、ジムニーが年間1万5000台(1カ月平均で1250台)、ジムニーシエラは1200台(同100台)としていたからだ。

ジムニーはフルモデルチェンジを控えた2017年でも、1万3487台を届け出している。ジムニーのフルモデルチェンジは20年ぶりだったから、新型を待っていたユーザーも多い。そうなると新型の販売目標が年間1万5000台、月間1250台では圧倒的に少なく、納期が遅延するのは当然だ。

660ccエンジンを搭載する軽自動車版のジムニー(写真:スズキ)

スズキは、対策を立てて生産台数を増やしている。ジムニーの届け出台数は、2018年は1カ月に1700~2000台で、目標の1250台を超えていた。2019年の1カ月平均は、増産によって2500台を上まわり、2020年には3000台を超えている。

そして2021年1~3月のジムニーの平均届け出台数は約4600台だから、販売目標の約4倍に達した。ホンダ「N-WGN」に迫る実績だが、スズキの販売店によると「増産しても納期は縮まらず、今でも約1年を要する。お客様からの注文も衰えない」という。

トヨタは「全店・全車扱い」が原因で遅延

トヨタの販売店では「今は『ハリアーハイブリッド』の納期が長く、2021年5月上旬に契約をいただいても、納車は12月頃になる」という。

この背景には、トヨタの販売体制の変更があった。2020年5月以降、国内の全系列・全店舗がすべての車種を扱うようになり、人気車は売れ行きをさらに伸ばし、不人気車は一層落ち込む事態となっている。

ハリアーは人気車種で、以前は全国約900カ所のトヨペット店のみで扱っていたが、今は4600カ所の全店が販売する。

ハリアーは特にハイブリッドモデルの納期が長い(写真:トヨタ自動車)

しかも、現行型は2020年6月にフルモデルチェンジしたばかりの新型だから、2020年後半以降の売れ行きは、コロナ禍の中でも前年の約3倍に達した。

売れ筋の価格帯が350万~500万円の高価格車ながら、販売ランキングの上位に入る人気ぶりで、特にハイブリッドの納期が延びた。

以上のように、納期が長引く最大の理由は、「メーカーが需要を見誤ること」にある。予想を超える受注が生じた結果、生産が追い付かない。ヴェゼルのe:HEV PLaYであれば、受注台数が伸びたことで、専用装備のパノラマルーフ/上級のシート生地/2トーンボディカラーなどの供給が不足する結果となっている。

ジムニーの高人気も同様だ。20年ぶりのフルモデルチェンジは、既存のジムニーユーザーだけでなく、新規ユーザーからも注目され、受注が集まった。

次ページなぜ、受注予測を見誤ってしまうのか?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT